Projects AbroadProjects Abroad

カンボジアで子供のケアの海外ボランティア 

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: プノンペン
  • 活動先: デイケアセンター
  • 役割: ケアマネジメントプランに基づき、基礎教育や精神的なサポートを提供し、子供たちの健やかな発育に貢献すること
  • 子供の年齢: 3~6歳
  • 子供の人数: 20~50人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ボランティアアパート
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

カンボジアで子供のケアに貢献する海外ボランティアプログラムの参加者を募集しています。東南アジアに位置するカンボジアは、世界遺産アンコールワットを始めとする歴史深い寺院や遺跡を多く要し、世界中から観光客を魅了する観光大国。一方で、壮絶な内戦終了後の現在でも、貧困やHIVエイズ感染、切断手術を受けて腕や足を失った物乞い、地雷による建物の破壊など、戦争の爪痕があちこちに見られます。これらの経済的・社会的問題は、将来を背負うカンボジアの子供たちの今と未来に大きな影を落としており、ボランティアの皆さんからの多くの支援を必要としています。

カンボジアでの子供のケアの海外ボランティア活動参加にあたって、資格や経験は特に問われません。アジアの発展途上国での国際支援に興味がある高校生、夏休み中や海外での実践的なチャイルドケア活動に関心がある大学生、東南アジアを旅行しながら有意義な経験を得たい社会人、退職を迎え心と時間に余裕があるシニアの皆さんなど、年齢や経験を問わずどなたからの参加も歓迎されます。もちろん、保育士の免許や関連した資格や経験があれば、第一線での活躍が期待されます。でも、チャイルドケアの国際協力ボランティア参加にあたって重要視されるのは、カンボジアの子供たちの健やかな成長に貢献したいという熱意と貢献心です!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

東南アジアのカンボジアでチャイルドケアの国際協力

カンボジアのデイケアセンターで基礎教育を行う日本人ケアボランティア

カンボジアでの子供のケアの海外ボランティアの活動拠点は、首都プノンペン周辺の世デイケアセンター。

プロジェクトアブロードは、カンボジア国内で最も歴史のある現地NGO機関Khmeraという団体と提携し、地域コミュニティに根差したチャイルドケア活動を行っています。このNGO機関Khemaraは、1991年以来カンボジア国内の恵まれない環境下にいる女性や子たちを支援してきました。現在、プロジェクトアブロードとKhemaraは、プノンペン周辺で9つのデイケアセンターを運営しています。約20~50人の子供たちの子供たちが、各デイケアセンターに通っています。貧困家庭出身のカンボジアの子供たちにとって、これらのデイケアセンターは、安全に過ごしながら教育を受け、栄養バランスの摂れた食事を得られる心の拠り所。家庭を支えるために懸命に働く保護者にとっても、仕事に行っている間に安心して子供を預けられる貴重な場所。

ケアボランティアの皆さんは、ケア施設で働く現地の先生やスタッフをサポートしながら、3歳~6歳位の児童の大切な幼児期の発育を支援します。基礎教育に力を入れているチャイルドケア活動では、子供たちへの本の読み聞かせ、基礎英語教育、数字の数え方の指導、規律の指導、歌やゲーム、図画工作などの創造性を養う活動や、外で元気に体を動かしたアクティビティなどさまざま。また、手洗いや歯磨きなどの保健衛生指導を行い、衛生環境の改善に努めている他、子供たちが丈夫で健康的な体作りを目指して発育に欠かせない栄養管理の教育など、ケアボランティアの皆さんはさまざまな役割を果たしています。

 発展途上国カンボジアの子供たちを支援する国際ボランティア

カンボジアの子供たちと折り紙を通した図画工作を行う日本人ケアボランティア

カンボジアでの子供のケアの海外ボランティア活動は、現地カレンダーの平日にあたる月曜日~金曜日の朝8時半~午後3時頃までです。

カンボジアで活動中は、世界各国から参加する多国籍な外国人ボランティアやインターンと共に専用のボランティア寮に滞在。ぜひ国境を越えた友達を作り、異文化交流の貴重な機会にお役立てください。派遣先にもよりますが、午前の活動を終了したら一度ボランティア寮に戻り、昼食をとって少しくつろいだ後、再びトゥクトゥクに乗って派遣先に向かいます。

毎日のケアボランティア活動終了後の自由時間や週末は、仲間になった外国人ボランティアやインターンと共に周辺のマーケットや観光に出かけてカンボジアライフを楽しんだり、カンボジアの新しい一面を発見する冒険に出かけよう!

カンボジアで海外ボランティア中は、プロジェクトアブロードのプノンペンにある現地オフィススタッフが皆さんの活動をサポートします。アドバイスやサポートの希望、活動に対しての新しいアイデアの提案などがあれば、現地オフィススタッフにご遠慮なくご相談いただけます。

カンボジアの孤児院で子供のケアの海外ボランティア

プロジェクトアブロードのケアボランティアたちは、これまで孤児院や子供たちが寝泊まりをするケアホームで子供たちのケア活動を行ってきました。ボランティアの皆さんが提供した教育やケアの支援は、現地の子供たちの生活水準の向上やより良い将来の選択肢の拡大に多大なる貢献を果たしてきました。しかしながら、プロジェクトアブロードは、活動の焦点を孤児院や宿泊型のケアホームからコミュニティ型や家族型のケアに移行することを決断。これは、家族という安定した環境での子供たちの発育が重要であると考えるためです。よろしければ、孤児院でのチャイルドケアから地域コミュニティ型のケア活動への移行を紹介する専用ページから詳細ご覧ください。

現在は、全活動国すべてにおいて、現地のケアセンター、幼稚園、学校などで子供たちのケア活動にあたったり、高齢者や子を持つお母さんたち、乳幼児のケアに貢献しています。これにより、プロジェクトアブロードは現地の地域コミュニティとの結び付きをさらに強めていくと同時に、家族が離ればなれにならず共に繁栄していくという最も重要な支援を行っていきます。

子供と関わる活動に従事する場合は、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

カンボジアでの子供のケアの海外ボランティアプログラムの目的を含む詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※カンボジアでは、希望に応じて日本語通訳を付けることができます(環境保護の海外ボランティアプログラムを除く)。英語力に不安を抱え、日本語のサポートが必要な方も安心して参加できるおすすめの活動国です。

Cambodia Care Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲