You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

モザンビークでサイクロン災害復興支援の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: ベイラ
  • 役割: サイクロン・アイダイ被災地の教育施設の再建に貢献すること
  • 参加条件 なし
  • 滞在先: ボランティア共同宿泊施設
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

サイクロン・アイダイによって浸水した村に生きるモザンビークの女性

モザンビークでサイクロン災害復興支援の海外ボランティア参加者を緊急募集しています。2019年3月、突如モザンビークに猛威を振るったサイクロン・アイダイ。モザンビークをはじめ、ジンバブエやマラウイなどのアフリカ南東部の近隣諸国にも多大なる被害を及ぼしました。

暴風と豪雨に伴い、モザンビークでは洪水や地滑りが発生し、貧困地域を含む多くの地域に被害を及ぼしました。その爪痕は大きく、モザンビークだけでも犠牲者は1,000人以上と推測され、行方不明者や負傷した人の数は数千人にも上ると見られています。被災地では多くの人々が住みかを失い、インフラが麻痺。経済活動にも深刻な影響を及ぼし、生活の糧を奪われた人々は海外からの支援を必要としています。

人命救助後、災害復興支援の次のステップとして重要となるのが生活を取り戻すためのインフラの再建です。この海外ボランティア活動は、主にモザンビークの学校再建を通した人道支援を行い、子供たちが安全な環境で学校教育を再開できるよう努めています。また、衛生環境を改善するトイレや手洗い場の設置、そして実践的な教育活動にも取り組んでいます。すべての活動は、安全&サポートが行き届いた環境下で、現地の建築専門家の指導の下行われています。

モザンビークでの災害復興支援ボランティアの活動拠点は、港湾都市ベイラ周辺です。ボランティア期間中は、世界中から集まる多国籍な外国人ボランティアと共にベイラに滞在することになります。

モザンビークでのサイクロン災害復興支援ボランティア活動は、緊急の支援が必要とされている現場で実践的な貢献を果たしながら今日を生き抜く現地の人々に歩み寄り、そしてモザンビークという異文化に触れる価値ある海外経験となることでしょう。

あなたも、そんな人々の生活に「違い」を見出すボランティアの一員になりませんか?

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

モザンビークでのサイクロン災害復興支援ボランティアの活動内容

モザンビークでの災害復興支援ボランティアでは、主に以下のような活動に従事していきます:

一からの教室の再建

災害復興支援ボランティアは、被災した学校の再建において以下のようなさまざまな建築作業に携わります:

  • 建設現場の土地ならし
  • 基礎工事のための掘り起こし
  • セメントの混合
  • 屋根やドア用の木製の骨組みの設置
  • レンガの積み上げ

どの工程も、モザンビークの被災地域に暮らす子供たちの安全な学習環境の構築に大きな貢献を果たします。

すべての建築作業は、常時現地の専門家の指導のもとで行われます。

教育施設の修繕とリフォーム

サイクロン・アイダイによる大きなダメージを逃れた学校では、教室の窓枠の差し替えや被害を受けた屋根の修理など、必要に応じて比較的簡単な修繕活動を行い、学校教育の再開を目指します。

また、教室の壁を明るく塗り替え、数字や英語のアルファベットなどを色鮮やかに描くことによって、子供たちが視覚を通して元気をもらい、より教育への意欲を掻き立てる学習環境を整えていきます。

トイレや手洗い場の設置

衛生管理の徹底をはかり、疾患の二次感染を防ぐことを目的にトイレや手洗い場の設置を行います。

災害復興支援ボランティアは、学校などの教育施設や地域各所でトイレや手洗い場を建設し、屋外での排泄や不衛生な生活環境による伝染病の広がりの予防に努めます。

トイレの建設は衛生環境を改善するだけでなく、個人の尊厳を守る意味でも非常に重要です。

実質的な教育活動の支援

被災した地域の学校では、教師の人数が足りなかったり、さまざまな理由から時間割通りに授業が行われなかったりすることもめずらしくありません。

そこで、現地のスーパーバイザーによるサポートのもと、災害復興支援ボランティアはボランティア教師の役割も担います。例えば、英語のアルファベットを教えたり、実践的な日常英会話を教えるなど、需要が高い基礎英語教育に取り組みます。また、図画工作、算数、地理、科学など、自分の得意分野を教えることも可能です。安全な屋外のスペースを確保することができれば、スポーツなどの体を動かしたアクティビティも期待されます。

現在、現地では教材や設備に限りがあることが多いですが、ぜひあなたなりに工夫を凝らして歌やゲーム、ダンスなどをたくさん取り入れ、子供たちが熱中して取り組めるような参加型の楽しい授業を展開してみてください。

あなたも、サイクロン・アイダイ災害復興支援ボランティアを通して、モザンビークの子供たちの明日を支える一員へ。

友達に教える :

トップに戻る ▲