ペルーで貴重な遺跡発掘作業に取り組む考古学ボランティアたち

ペルーでインカ考古学の海外ボランティア

ペルーを舞台に古代インカ文明を紐解く遺跡発掘作業や研究を支援する考古学ボランティアをしに出かけよう

はじめに

ペルーでインカ考古学の短期・長期「実践型」海外ボランティア参加者を募集しています。

古代インカ帝国の繁栄を今に伝える多数の遺跡が眠るペルーでは、その解明に向けて多くのボランティアのみなさんからの支援を必要としています。

ボランティアに求められるのは、遺跡発掘作業、遺跡発掘現場のメンテナンス、発掘物の修繕と研究と、実戦さながら。

考古学や歴史、人類学に関心のあるあなたにとって、ペルーが歩んだ歴史への深い理解を得ながら、海外で関連経験を得られる貴重な機会となることでしょう。

派遣先は、ピキリャクタ国立公園とサクシャイフアマン遺跡公園。ペルー文化省と公式に提携を結ぶプロジェクトアブロードは、特別な許可のもと、これらの遺跡発掘現場で継続的に考古学活動を支援しています。

すべての活動は現地の考古学者の指示のもと行われているので、考古学経験がなくても大丈夫!人手を欠く現場でのボランティアとしてのあなたの貢献は、ペルーが誇る貴重な歴史的文化財を保護し、次の世代につなげる重要な役割を果たしてゆくのです。

活動中は、活動拠点となる世界遺産クスコに暮らすホストファミリー宅で地域住民の一員として滞在。現地生活の中で生きたスペイン語も勉強して帰ろう!

ボランティア活動がお休みとなる週末は、現地で出会った多国籍な外国人ボランティアの仲間と共にペルーの冒険へ。インカの失われた都市と呼ばれる世界遺産マチュピチュをはじめ、ペルーの魅力を発掘しに出かけよう!

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

1週間以上

参加条件: 

16歳以上


考古学ボランティア参加条件

ペルーでのインカ考古学の海外ボランティアの応募対象は、世界中の大学生社会人シニアのみなさんです。

高校生には、高校スペシャルの考古学プログラムがおすすめ!

考古学・人類学に関心がある、歴史や遺跡が好き、海外で実践的な遺跡発掘作業に携わりたい、発展途上国で考古学を通した国際協力に携わりたい、将来は考古学に関する職業に就きたい!というみなさんにおすすめです。

考古学者やその他考古学に関連した職業に就いているみなさんにとっては、南米ペルーという支援が求められている海外を舞台に、スキルと経験を活かすユニークな国際経験となることでしょう。

参加条件とまではいきませんが、最低限の基礎英語力があることが理想的です。

現地到着後のコミュニケーションは基本的にすべて英語で行われるため、英語をまったく話せないと仲間との会話に入れず、苦労するのはあなた自身。

だからこそ、英語の練習を含む渡航前準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが、現地入り後の経験値を左右すると言っても過言ではありません。

すべては、あなた次第です!

ペルーはスペイン語圏のため、スペイン語のあいさつや簡単なフレーズを練習していくと現地で役立つことでしょう。

ペールの考古学ボランティアが発掘物の登録作業に取り組む

活動内容

  1. 新しい遺跡発掘現場の認定と登録のサポート
  2. 遺跡発掘現場のメンテナンス
  3. ペルーの貴重な遺産を守る地域住民への考古学教育
  4. 考古学ワークショップ

新しい遺跡発掘現場の認定と登録のサポート

その昔インカ帝国が繁栄した南米ペルーには、数々の遺跡が眠っています。ここでのボランティアとしてのあなたの役割は、まだ発見されていない遺跡現場を割り出し、登録をサポートすること。ボランティアたちは、GPSやカメラを用いて新しい発見を記録していきます。

また、現在進行している研究の前進を支えるマッピングを行うのも、ボランティアのあなたが務める大事な役割です。必要に応じて、発掘した埋蔵物を研究後に発掘現場に戻す作業もサポートしていきます。

すべての活動は、現地の経験豊富な考古学者のもとで行われます。

遺跡発掘現場のメンテナンス

遺跡発掘現場のメンテナンスも、ボランティアに求められる重要な仕事の一つ。

壁や歩道を妨げる雑草の除去、遺跡現場での発掘作業や修復作業に必要な準備、看板の設置、泥を利用した壁や遊歩道の塗装など、すべてが手作業で根気と体力を必要とする分、人手が求められている作業です。泥は、遺跡の保全と再生にも用いられています。

ペルーの貴重な遺産を守る地域住民への考古学教育

ペルーが誇る貴重な歴史的・文化的遺産の保全は、地域住民の協力なしには成り立ちません。

考古学ボランティアは地域に出向いてプレゼンを行うこともあります。ペルーの先祖が築いてきた歴史を地域住民に伝え、それを今に伝える重要文化財の保護がいかに重要かを説きます。

考古学ワークショップ

考古学ボランティアたちは、遺跡発掘現場で作業中以外にもさまざまな形で考古学に関する知識を習得していきます。

プロジェクトアブロードのペルーオフィスで定期的に行われている専門スタッフによる考古学ワークショップは、骨についてや陶器の修復の仕方、ペルーの歴史や文化など、考古学にまつわるトピックを一歩踏み込んで学習する機会です。積極的に参加し、考古学ボランティア同士の意見交換や交流を深めるきっかけにもお役立てください。


活動拠点

クスコ

古代インカ帝国の首都として栄えた古都クスコ

遺跡発掘現場は、車で約40分のピキリャクタ国立公園とサクシャイフアマン遺跡公園です。

ペルー文化省と公式に提携を結ぶプロジェクトアブロードは、これらの遺跡発掘現場での作業が許されている唯一の団体です。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はペルー到着案内をご覧ください


考古学ボランティアの1日の流れ

ペルー考古学の海外ボランティアでは、現地の祝祭日を除く月曜日~金曜日の午前8時半から作業を始め、午後3時半頃まで活動に従事します。

ただし、金曜日は通常午後12時頃に活動を終了します。

1日のはじまりは、ホームステイ先での朝食から!朝ご飯を済ませ、準備が整ったらいざ派遣先へ。同じプログラムに参加しているボランティア全員と専属スタッフと共にバスに乗って派遣先に向かいます。

1日の考古学ボランティアの活動内容は、その日の天候や現場の進捗状況によってさまざまです。現場の考古学者の指示に沿って、臨機応変に対応しましょう。

1日のボランティア活動を終えた後は自由時間です。現地で出会った外国人ボランティアと共にクスコの町を散策したり、滞在先に戻って夕飯作りを手伝いながらホストファミリーとの交流を深めたりして、あなた流に楽しむことができます。

ボランティア活動がお休みとなる週末は、仲間と共に異なる角度から南米ペルーの世界を見に行こう。地球の裏側南米ペルーまで来たのなら、標高3,400mに位置する世界遺産の空中都市マチュピチュは必見です!

ペルーの考古学ボランティアが遺跡発掘現場で測定に取り組む

活動のねらい

ペルーで行われている考古学の海外ボランティアのねらいは、古代文明の研究を進め、ペルーが誇る文化遺跡現場の保護に貢献すること。

同時に、あなたが実践的な国際協力経験を得ながら視野をぐんと広げること。

人手が不足している現場では、新しい遺跡発掘現場と発掘物の保護においてボランティアのみなさんからの多くの支援を必要としています。

インカ考古学の海外ボランティア活動は、ペルーの貴重な文化と歴史を保護して次の世代に伝えるだけでなく、参加するボランティアのあなたにとっても南米の古代文明への貴重な洞察を得られる学習の機会。

歴史、人類学、考古学に関連したキャリアを進むあなたにとって、実践的な関連スキル習得の場でもあります。また、現地の考古学専門家から直接学び、意見を交わすユニークな国際経験となることでしょう。

あなたも、南米ペルーでインカ文明を紐解き、その貴重な歴史と文化の保護に貢献する考古学ボランティアの一員へ。


活動が世界に与える影響

プロジェクトアブロードは、毎年明確に定められた長期的な目標の達成に向けて取り組まれています。

その目標達成の鍵となるのが、参加者一人ひとりのみなさんの存在です。

グローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、参加者全員の努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

ペルーで活動中の滞在先は、クスコ周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅です。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもペルー文化をお楽しみください。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み時のお支払いは、お申込み金 29,500円のみです(参加費用の一部の扱い)。

参加費用10%割引中!2020 年8月31日まで

開始日と参加期間を選択してください

質問フォーム

*は記入必須です