Projects AbroadProjects Abroad

大学生の春休み短期海外ボランティア ガーナで公衆衛生

概要

近日公開予定

  • 活動場所: ドドワ
  • 役割: 地域コミュニティに根差した医療アウトリーチ活動や公衆衛生キャンペーンなど、多岐に渡る活動に努め、地域コミュニティのヘルスケアに貢献すること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 到着空港: アクラ (ACC)
  • 現地の言語: 英語、トゥイ語

春休みに有意義な海外経験を得たい考えている短大生・大学生の皆さん、西アフリカのガーナで公衆衛生の短期海外ボランティアプログラムに参加してみませんか?

主にアメリカやカナダなどの北米出身の外国人の学生ボランティアたちと共に、地域コミュニティに根差した訪問医療や公衆衛生キャンペーンを支援し、現地に暮らす人々のヘルスケアの向上に貢献する子草協力プログラムです。

このガーナでの公衆衛生に特化した春休みの短期海外ボランティア活動は、短大生・大学生が、短い春休みに海外で価値ある医療経験を積めるよう特別に組まれたプログラム。ガーナというと、アフリカ大陸の中では急速に発展を遂げている国ではありますが、現地に暮らす多くの人々、特にガーナの子供たちは、未だ定期的な医療サービスを受けておらず、公衆衛生問題に関する教育が必要とされています。

春休み限定ガーナで公衆衛生の短期海外ボランティア春休みのガーナでの公衆衛生の短期海外ボランティアプログラムは、二つのエリアに力を入れています。一つ目の活動エリアは、定期的な医療サービスへのアクセスが乏しい人々が暮らす地域コミュニティに直接出向いてのヘルスケアの提供。

もう一つの活動エリアは、ヘスルケアの教育を行うことによって、糖尿病やがんなどの非感染性疾患の予防を促進することです。プロジェクトアブロードの資格を持った医療コーディネーターのもと、例えば現地のチャイルドケア施設で、子供たちの健康診断、赤ちゃんの発育の進度と健康状態のチェック、予防接種の投与、地元の学校やコミュニティグループへの保健衛生指導などの活動に貢献します。

プログラム参加に際して、医療分野の学習経験や医療現場で働いた経験は特に問われませんが、現在、特に看護、公衆衛生、その他の医療を含むヘルスケアに関する科目を専攻中の学生の皆さんにおすすめです。大学卒業前に、アフリカという発展途上国での関連した医療経験を得て、履歴書にも反映させよう!

ガーナでのこの春休み限定の公衆衛生の海外ボランティアプログラムの活動拠点は、首都アクラから少し離れたドドワという町。ガーナで海外ボランティア中は、周辺の地域コミュニティに暮らすガーナ人の家庭でホームステイを体験!現地人ホストファミリーとの共同生活を通して、「リアル」なガーナの文化や伝統、習慣を実際の生活レベルで体験できる貴重な経験となるでしょう。

友達に教える :

トップに戻る ▲