You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

大学生の短期海外ボランティア ペルーで環境保護

概要
秋1週間
  • 2019年9月 1日 (日) から2019年9月 7日 (土)

  • 活動場所: タリカヤ自然保護区(アマゾン熱帯雨林)
  • 活動先: アマゾン熱帯雨林で環境保護活動に従事すること
  • 滞在先: タリカヤ自然保護区内のボランティアバンガロー
  • 参加条件: 大学生以上
  • 到着空港: プエルトマルドナード(PEM)
  • 現地語: スペイン語、ケチュア語

自然保護の海外国際協力 動物たちの檻のメンテナンスに励む学生ボランティア

野生動物や自然に関心がある大学生以上の皆さん、南米ペルーのアマゾン熱帯雨林で貴重な野生動植物を守る環境保護の短期海外ボランティアプログラムに参加してみませんか?

活動の舞台は、アマゾン熱帯雨林のど真ん中にあるタリカヤ自然保護区。環境保護ボランティア活動は、世界各国から参加する多国籍な外国人ボランティアと一丸となって取り組みます。

例えば、哺乳類、爬虫類、両生類、バタフライそして鳥類をはじめとするこの土地ならではの野生動物の観察や生物多様性の研究に協力。野生動物の観察は、センサーカメラを使用したり、木の間をくぐり抜ける吊り橋を渡った先にある南米最高峰の観察台から行います。他にも、鳥類のタグ付けや、リハビリ中の貴重なクモザルたちのケアや記録作業、自然保護区内の歩道のメンテナンス、パイロットファームの農業プロジェクトなど、さまざまな活動を支援していきます。

環境保護の海外国際協力 自分で作品を作るマホガニープロジェクト

タリカヤ自然保護区内の動物保護センターは、活動の大きな柱であり、ここで保護される動物たちはたくさんのサポートを必要としています。ボランティアたちは、例えば餌やりをはじめとする日常のケア、檻のメンテナンス、新しい囲いの設置など、日々多様な役割を果たしていきます。

ユニークなマホガニープロジェクトは、ペルーならでは!自然保護区内の植林によって生まれたマホガニーの木材を使用し、独創性を最大限に活かして自分だけの木工品作りに励みます。このマホガニープロジェクトでは、自然の恵みとそのありがたさを学び取ることができるでしょう。

その他、定期的にナイトウォークを行い、日中には見れないアマゾン熱帯雨林を観察。経験豊富なスタッフや仲間の外国人ボランティアたちと共に一晩を過ごすキャンプでは、国境を越えた生涯の友情を育む絶好の機会となるでしょう。

ペルーでの環境保護活動中は、同じプログラムに参加している外国人ボランティアと共に自然保護区内のボランティア専用バンガローに滞在します。自由時間はロッジでリラックスするのも良し、多国籍な仲間との異文化交流をするのも良し、あなた流に満喫することができます。

ボランティア活動がお休みとなる週末は、友達になった外国人ボランティア仲間と最寄りの町まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。あなたも、アマゾン熱帯雨林を舞台に環境保護を通した国際支援に協力しながら、自分の価値観に刺激を与えに出かけませんか?

友達に教える :

トップに戻る ▲