Projects AbroadProjects Abroad

大学生の短期海外ボランティア ペルーでケア&コミュニティ

概要
近日公開予定
  • 活動場所: クスコ
  • 活動先: 幼稚園、ケアセンター
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加条件: 大学生以上
  • 到着空港: クスコ(CUZ)
  • 現地語: スペイン語、ケチュア語

ペルーでチャイルドケア ボランティアとペルーの児童たち

大学生以上の皆さん、南米ペルーを舞台にしたケア&コミュニティプログラムを通して、目的を持った短期海外ボランティア活動に挑戦してみませんか?

この大学生以上が参加対象の短期海外ボランティアプログラムは、世界各国から集まる多国籍な外国人ボランティアと共に南米ペルーの幼稚園やケアセンター働く忙しい先生たちをサポートし、現地の子供たちが必要としているチャイルドケアを貢献する国際支援。

チャイルドケアボランティアとしてのあなたの役割は、主にアシスタント教師として教室内の幼児教育を実践的にサポートすること。教材づくりから基礎英語教育、図画工作、屋外で元気よく体を動かす、歌やゲーム、本の読み聞かせ、手洗いや歯磨きなどの保健衛生指導など、さまざまなアクティビティに取り組みます。日頃行き届いていない注意を子供たち一人ひとりに注ぐことによって、子供それぞれの長所を引きのばし、短所を補うフォローの実現が期待されます。

チャイルドケア活動以外にも、場合によっては高齢者のためのケアセンターを訪問し、高齢者を労りサポートするケア活動に取り組むこともありますので、臨機応変に対応しましょう。

海外ボランティア 伝統ダンスを披露する子供たち

この短期海外ボランティアプログラムでは、スペイン語を母国語とするペルーの子供たちやホストファミリーをはじめとした現地の人々とのコミュニケーションがよりスムーズになるよう、活動開始時に基礎スペイン語レッスンを受けることができます。積極的に参加し、習ったスペイン語をぜひ活動に活かしてみてください。

ボランティア活動中は、ペルー人ホストファミリーの家でホームステイを体験。ペルー式南米文化に浸りながら異文化交流体験する貴重な海外経験となることでしょう。

平日の食事はホストファミリーが振る舞うペルーの一般的な家庭料理を堪能。ボランティア活動がお休みとなる週末は、ボランティア全員で名所を回るレジャー旅行に出かけ、文化や歴史を学び、ペルーの郷土料理を楽しむ予定ですのでお楽しみに。訪問先には世界遺産マチュピチュも含まれています!

南米ペルーでの子供のケア&コミュニティの海外ボランティアプログラムは、子供と関わる活動に従事するため、犯罪経歴証明書の提出が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲