You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

南太平洋で子供のケアの海外ボランティア

南太平洋で子供のケアの海外ボランティア南国のイメージが強い南太平洋には、多くの諸島が存在します。プロジェクトアブロードは、その中の島国フィジーとサモアで子供のケアボランティア活動を展開しています。現地のケアセンター、幼稚園、特別支援学校などで、サポートを必要としている子供たち一人ひとりにケアを提供する地域に根差したチャイルドケアの海外ボランティアプロジェクトです。

フィジーとサモアのどちらの国でも英語が広く話されているので、現地の子供たちやスタッフと比較的コミュニケーションを取りやすい活動国と言えるでしょう。子供たちと一緒にゲームをしたり、歯磨きや手洗いなどの保健衛生指導をしたり、食事の時間を補助したり、基礎英語教育や幼児教育に貢献していきます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南太平洋での地域コミュニティ型のチャイルドケアボランティア

南太平洋のフィジーの子供たち海外ボランティア初心者も歓迎のケアボランティアでは、子供たちの手伝いをする熱意さえあれば十分で、資格や経験などはなくても大丈夫です。一緒に本を読んだり、宿題を手伝ってあげたり、とにかく子供と一緒に時間を過ごしながら、彼らの成長を促進させることが役割です。南太平洋の温暖な気候とのんびりしたスローライフに慣れたら、居心地のよさを感じることでしょう。チャイルドケアのボランティア活動を通じて、自分自身も価値観が広がり、得るものも多いはずです。

南太平洋の孤児院で子供のケアの海外ボランティア

プロジェクトアブロードのケアボランティアたちは、これまで孤児院や子供たちが寝泊まりをするケアホームで子供たちのケア活動を行ってきました。ボランティアの皆さんが提供した教育やケアの支援は、現地の子供たちの生活水準の向上やより良い将来の選択肢の拡大に多大なる貢献を果たしてきました。しかしながら、プロジェクトアブロードは、活動の焦点を孤児院や宿泊型のケアホームからコミュニティ型や家族型のケアに移行することを決断。これは、家族という安定した環境での子供たちの発育が重要であると考えるためです。よろしければ、孤児院でのチャイルドケアから地域コミュニティ型のケア活動への移行を紹介する専用ページから詳細ご覧ください。

現在は、全活動国すべてにおいて、現地のケアセンター、幼稚園、学校などで子供たちのケア活動にあたったり、高齢者や子を持つお母さんたち、乳幼児のケアに貢献しています。これにより、プロジェクトアブロードは現地の地域コミュニティとの結び付きをさらに強めていくと同時に、家族が離ればなれにならず共に繁栄していくという最も重要な支援を行っていきます。

興味のある分野を下記からお選びください:

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。