You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

アジアで子供のケアの海外ボランティア

 アジアの発展途上国で子供のケアの海外ボランティア

アジアを舞台に、支援を必要としている子供たちにチャイルドケアを提供する海外ボランティアプログラム参加者を募集しています。アジアの発展途上国のさまざまな環境下に育つ子供たちに寄り添う活動が、巡りめぐって自分自身の成長にもつながる、そんな貴重な体験をしてみませんか? 東南アジアのカンボジアフィリピンベトナムタイミャンマー、南アジアのスリランカネパール、中央アジアのモンゴル、そして中国など、アジア諸国でケアボランティアの皆さんからの支援が求められています。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

アジアの子供たちのケアを通した国際協力ボランティア

東南アジアのタイで子供のケア活動に励むボランティアの様子

アジアでの子供のケアの海外ボランティア参加にあたって、特に保育士の資格やチャイルドケアの経験などは問われませ。もちろん、関連したスキルや経験、資格をお持ちの方は、経験者としての活躍が期待されます。また、英語力も大きな武器となるでしょう。

でも参加にあたって重要視されるのは、何よりも現地の子供たちの健やかな発育に貢献したいという熱意と貢献心です。将来、社会福祉士や保育士、教師になることを目指す高校生、アジアでの国際協力に興味がある大学生、アジアを旅行中に何か有意義な経験を得たい社会人、心と時間にゆとりがあるシニアの皆さんなど、年齢や経験を問わずどなたでも参加が可能です。

アジアでの子供のケアの海外ボランティア活動は、チャイルドケアの海外実務経験を得られるだけでなく、アジアの発展途上国の教育現場を目の当たりにして気づくことや学ぶことが多い経験となるでしょう。また、アジアの地で出会う多国籍な外国人ボランティア仲間との異文化交流を通して、国際人へのさらなるステップを踏み、自分自身も大きく成長できるはず! 

アジアの子供たちのケアを通した国際協力ボランティア

南アジアのスリランカで子供のケアの海外ボランティア

 アジアでの子供のケアの海外ボランティアの派遣先は、デイケアセンター、チャイルドケアセンターや、保育園、幼稚園などさまざま。また、ろう学校や盲学校など、特別支援を必要とする子供たちのための特別支援施設でも多くの支援が求められています。

貧困を始めとするさまざまな環境下で育つ子供たちにとって、ケアボランティアの皆さんは、忙しい現地のスタッフの活動を支え、日頃見逃されがちな子供たち一人ひとりのニーズに応えることができる貴重な存在です。また、海外からやって来る皆さんの存在は、子供たちの日々の生活にたくさんの刺激や良い影響をもたらしています。 

アジアの孤児院で子供のケアの海外ボランティア

プロジェクトアブロードのケアボランティアたちは、これまで孤児院や子供たちが寝泊まりをするケアホームで子供たちのケア活動を行ってきました。ボランティアの皆さんが提供した教育やケアの支援は、現地の子供たちの生活水準の向上やより良い将来の選択肢の拡大に多大なる貢献を果たしてきました。しかしながら、プロジェクトアブロードは、活動の焦点を孤児院や宿泊型のケアホームからコミュニティ型や家族型のケアに移行することを決断。これは、家族という安定した環境での子供たちの発育が重要であると考えるためです。よろしければ、孤児院でのチャイルドケアから地域コミュニティ型のケア活動への移行を紹介する専用ページから詳細ご覧ください。

現在は、全活動国すべてにおいて、現地のケアセンター、幼稚園、学校などで子供たちのケア活動にあたったり、高齢者や子を持つお母さんたち、乳幼児のケアに貢献しています。これにより、プロジェクトアブロードは現地の地域コミュニティとの結び付きをさらに強めていくと同時に、家族が離ればなれにならず共に繁栄していくという最も重要な支援を行っていきます。

興味のある分野を下記からお選びください:

一般ケア(ケアセンター、保育園、幼稚園、学校、特別支援学校など)

友達に教える :

トップに戻る ▲