You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

アジアで子供のケアの海外ボランティア

アジアの各活動国にあるチャイルドケアセンターには、愛情の飢えている子供たちがたくさん存在します。海外で何か人のためになることをしてみたいと考えている方にお勧めなのが、こういった境遇に置かれている子供たちのためにボランティアとして活動するケアプロジェクトです。きっと誰かのために活動していることが、巡りめぐって自分の成長にもつながる、そんな貴重な体験となるはずです。 カンボジアモンゴルなどアジアの発展途上国においてボランティアのみなさんの参加を募集しています。

活動先となるのは、チャイルドケアホームや、デイケアセンター(保育園)、幼稚園、特別支援センターなどです。アジアの発展途上国で生活する子供たちにとって、ボランティアの皆さんの存在はとても大きく、彼らの日々の生活の中に多くの刺激や影響をもたらすことにもつながります。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

アジアの孤児とそこで活動するボランティア

アジアで赤ちゃんのお世話をするチャイルドケアのボランティア

チャイルドケアホームやストリートチルドレンの施設や子供のシェルターなどで生活する子供たちは、ケアボランティアの皆さんがこれまでにチャイルドケアの経験をもっているかどうかなんて気にしません。アジアの国々に興味があってボランティアとして何かやってみたいという思いをお持ちの方であればどなたでも大歓迎です。日本と同じアジアの国と言っても、きっと相違点はたくさんあるはずです。プロジェクトアブロードでは、そんな日本との違いも楽しみながらアジア諸国の子供たちのために活動できる方の参加を望んでいます。ご自身のもっている得意分野を活かして参加してください。

アジアの活動国の孤児院で行うチャイルドケアの活動では、ボランティアのみなさんには実にさまざまなことに携わっていただいています。食事の支度や清掃、洗濯、施設の整備などの基本的な日々の作業はもちろんのこと、子供たちと一緒にいろいろなことをして遊んだり面倒をみたりすることも重要な役割の一つです。本の読み聞かせをしたり、手紙の書き方を教えたり、ゲームをして遊んだりとにかく子供たち一人ひとりと接する時間を大切に過ごしてください。

アジアの特別支援が必要とする子供や成人のケアの海外ボランティア

アジアの子供たちのためにボランティア活動を

特別支援施設やケアセンターで、知的障がいや身体障がいを抱える子供や成人の教育要素を含んだケア活動。アジアの活動国では障がいを持つ人たちのサポートにあたるボランティアも募集しています。

がいを抱える人のための学校には、特別支援学校や盲学校、聾学校などさまざまありますが、本人たちが自立した生活を送れるように日々学習をしているところです。ボランティアとしてこうした人たちの自立の支援に携わってみるのはいかがでしょうか。

アジアのデイケアセンター(保育園)や幼稚園でチャイルドケア

アジアのデイケアセンターで現地の子供たちのために活動してみるのも良いかもしれません。海外で小さな子供たちを相手に活動するのは難しい面もあるかもしれませんが、一度日々の活動の流れを理解し慣れてきたら、きっと大変なことよりも楽しいことの方が増えてくるはずです。

アジアの途上国で他の仲間たちと共にボランティア活動をすることは、自分自身の成長にも繋がるでしょうし、現地の子供たちも海外から来るボランティアの皆さんに興味津々なので日本のこと、あなた自身のことをアピールする良い機会になることでしょう。新しい世界で新しい人々との出会いがたくさんあり、アジアの発展途上国でボランティアとして活動した経験がその後のあなたの人生に大きな影響を及ぼすことになるかもしれません。

 

興味のある分野を下記からお選びください:

一般ケア(孤児院、ケアセンター、幼稚園、特別支援学校など)

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。