Projects AbroadProjects Abroad

フィリピンで教育の海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ボゴシティ(セブ島)
  • 活動先: 小学校、中学・高校
  • 生徒の年齢: 6~17歳
  • 生徒数: 40~70人
  • 役割: 英語の授業を担当、またはアシスタント教師
  • その他の科目: 図画工作、音楽、スポーツ
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

フィリピンの小学生に英語を教えるボランティアの様子フィリピンで教育の海外ボランティア参加者を募集しています。2017年、フィリピン政府が導入した「K-12」と呼ばれる新しい教育制度が施行され、国内における13年間の義務教育が成立しました。これは、フィリピンの子供たちの学習能力の向上と若年層の就職率の改善を目的としたもの。その一環として、英語教育は6歳にあたるグレード1から始まります。

そんな教育の変遷を迎えたフィリピンで求められているのは、実践的な英語教育への支援。この海外ボランティアでは、アシスタント教師として生徒の発音やスピーキングの強化に取り組み、英語を話すことへの自信を育てることに努めています。

フィリピンでの英語教育を通した国際ボランティア参加にあたって、特に資格や経験は求められません。英語や教えることが得意、東南アジアの発展途上国の教育現場の実情を見てみたい、フィリピンで国際協力に携わりたい、将来は教育に関する職業に就きたい!という学生社会人のみなさんにおすすめです。

すでに資格を持つ現役の教師であれば、東南アジアのフィリピンという支援が求められている海外を舞台にあなたのスキルと経験を発揮する貴重な機会となることでしょう。

発展途上国フィリピンの教育事情や生活事情を自分の目で見て学び、見識を広げる国際経験を得に出かけよう! 

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

フィリピン英語教育に貢献する国際ボランティア活動

フィリピンで英語教師の海外ボランティア 現地の子供たちの様子フィリピンでの英語教育ボランティアの派遣先は、地元の小学校や中学・高校です。派遣先について希望や要望があれば、お申し込みの際にぜひその旨を詳細にご記入ください。

いずれの場合も、教育ボランティアのあなたに任されるのは、アシスタント教師として英語の授業をサポートすること。低学年の子供たちには基礎英語教育、高学年の生徒には発音やスピーキングの強化に取り組み、英語を話すことへの自信を引き延ばしていきます。1クラスあたりの生徒数が多いため、できるだけ生徒一人ひとりに目を配ることを心がけ、学習におくれをとっている生徒がいれば一対一または少人数制で補助していきましょう。

あなたの英語力や自信、経験によっては、授業を自ら担当することが可能です。

東南アジアのフィリピンで教育ボランティア中は、活動拠点ボゴシティ周辺に暮らすホストファミリーの家でホームステイをしながら現地に滞在します。これは、家族の絆が強いフィリピンの文化や生活習慣に触れる貴重な異文化体験。フィリピン人ホストファミリーとの密着生活を通して、異文化交流を深めよう。

ボランティア活動がお休みとなる週末は、現地で友達になったインターナショナルな外国人ボランティアと共に、フィリピンとあなた自身について新しい発見をしに出かけるチャンス。フィリピンで世界観を広げよう!

フィリピンでの教育の海外ボランティアの目的を含むさらなる詳細は、専用のマネジメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

フィリピンでの教育の海外ボランティアは、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、短期の1週間以上から受け入れが可能です。ただし、長期に渡って参加したボランティアのみなさんの方が現地生活に馴染み、子供たちの進歩を見届けることができるため、結果としてより充実した経験を得られる傾向にありますのであらかじめご了承ください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書をご覧ください。\

Philippines Teaching Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲