Projects AbroadProjects Abroad

南米ペルーで栄養管理の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: クスコ
  • 役割: 現地専門家と共に、地域コミュニティで暮らす人々の栄養失調や食糧不足に関連した問題改善に努めること
  • 活動先:田舎の地域コミュニティ
  • 参加条件: 中級以上のスペイン語力。語学力に不安がある場合は、現地でスペイン語語学追加コースを受講可能
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間
  • 開始日: 随時

ペルー、健康的な生活スタイルを教えるために田舎コミュニティーを訪れるインターン生

南米ペルーのクスコ周辺に住む多くの家庭は栄養失調にひどく悩まされ、彼らの生活に大きな影響を及ぼしています。プロジェクトアブロードはクスコに拠点を置く地元機関や保健衛生省と共に健康に関する教育を行い、人々の生活の質が良くなるよう努めています。

ペルーは栄養失調の児童を多く抱え、この社会問題は長年にわたり未解決のままとなっています。実際、田舎に住む子どもたちの実に3人に一人が慢性的な栄養失調という現状です。この栄養管理インターンシップでは、栄養失調に関する様々な問題解決をアシストし、ペルーの人々や子供たちの生活を大きく変えることに貢献します。

このプロジェクトへ参加するには、スペイン語力が求められます。中級以上のスペイン語力でもこの栄養管理インターンシップへの参加が可能ですが、その場合は現地でスペイン語語学追加コースを受講し、スペイン語力を上げることをお勧めします。これは、サポートを必要としている現地の家族や活動先のスタッフは、現地語であるスペイン語でのみコミュニケーションが可能であるためです。それ以外の参加条件は特にありませんので、ギャップイヤー中の方、転職中の方、休暇中の方、ペルーの子供たちのために力になりたい方など、栄養学に関する経験がない方でも参加できます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南米ペルーで栄養管理を通した国際協力インターン

ペルー、ケアセンター、栄養学プロジェクト、栄養について教育するインターン

古都クスコで行われる栄養管理インターンシップは、地元各機関、栄養士、保健衛生行政、そして周辺の地域コミュニティと一緒に取り組みます。インターンたちの主な役割は、特に子供たちの栄養失調やそれに関連した問題解決に向けての教育活動やサポートです。

子供たちの中でも、0~6歳の幼児を持つ両親への栄養管理教育に重点を置きます。これは、0~6歳までが知能と身体の発達にとても重要な期間であるという研究結果に基づいています。

インターンたちは主に以下のような活動に携わります:

  • クスコの現地スタッフのサポート
  • 現地で暮らすペルー人のお母さんたちに栄養や健康的な習慣についての教育
  • 健康的な食事準備、貧血予防、歯科衛生指導、手洗い指など、具体的な栄養管理や一般的な健康問題についてのワークショップの実行
  • 地域コミュニティにて環境にやさしいエコガーデニング
  • スタッフによる家庭訪問同伴
  • 子供たちの体重などの測定
  • 栄養管理教育のための教材作り
  • 場合によっては栄養管理に関する研究のアシスト

ペルー、栄養学ワークショップにて、教育を受ける母と子ども通常、午前中は主に家庭訪問に専念し、午後はワークショップ行ったり、その準備に費やします。栄養失調の子供たちの数が減るよう、インターンたちは、ワークショップやアクティビティを通して栄養管理がきちんと行われていないと判断された家庭の子供たちが十分な栄養を摂取できるよう食生活を指導します。これらの活動は、地元の提携期間と共に行われます。

栄養に関する人々の知識の向上と、十分な栄養摂取実現が栄養失調問題解決へのカギと考えているため、この栄養管理インターンシップは小さな子供たちの栄養失調問題に取り組むだけでなく、育ち盛りの10~16歳の子供たちが必要としている栄養に関する教育的なワークショップも行います。また、プロジェクトアブロードは地元の専門家たちと行う定期的なワークショップをさらに進歩させることを目指しています。多くの現地人の両親はスペイン語ををほぼ全く話さないため、この専門家たちのケチュア語(現地語)の知識は、ペルー人の両親たちとのコミュニケーションを図る上で役立っています。

実際のワークショップでは、微量栄養素やビタミンの摂取、効果的な衛生管理に重点を置きます。また、発育の重要な過程にある母乳摂取中の乳幼児を含む全ての年齢の子供たちを対象とした食事療法に関するガイダンスも行います。長期的には、プロジェクトアブロードが地域コミュニティに提供するこれらの活動が、現地の人たちや子供たちが栄養管理についてもっと敏感になり、健康的な生活を送る習慣をつける足掛かりとなるでしょう。

栄養学インターンシップの全ての活動は、プロジェクトアブロードが提携している機関、保健衛生行政や地域コミュニティと協力して行われます。地域コミュニティが関わることは、栄養管理に関する知識を備えた人たちが増えることを意味し、プロジェクト全体の成功にも大きく影響します。そして成功へは、この栄養学インターンシップの活動がそのコミュニティにとって「適切」であることはもちろんのこと、他の地域でも「実現可能」であるよう形作ることだと心得ています。これによって、栄養管理状態の改善がコミュニティの枠を超えて広まっていくことを目指しています。

南米ペルーでの栄養管理の海外インターンシップの目的やさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

南米ペルーでの栄養管理の海外インターンシップ参加にあたって、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書をご覧ください。

Peru Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲