Projects AbroadProjects Abroad

高校生短期海外ボランティア ネパールでケア&コミュニティ

概要
プロジェクト概要
冬休み2週間
  • 2019年12月08日 (日) から2019年12月21日 (土)
  • 2020年01月05日 (日) から2020年01月18日 (土)
  • 2020年01月19日 (日) から2020年02月01日 (土)
  • 2020年12月06日 (日) から2020年12月19日 (土)
  • 2020年12月20日 (日) から2021年01月02日 (土)
夏休み2週間
  • 2020年06月14日 (日) から2020年06月27日 (土)
  • 2020年06月28日 (日) から2020年07月11日 (土)
  • 2020年07月12日 (日) から2020年07月25日 (土)
  • 2020年07月26日 (日) から2020年08月08日 (土)
  • 2020年08月09日 (日) から2020年08月22日 (土)
夏休み3週間
  • 2020年06月28日 (日) から2020年07月18日 (土)
  • 2020年07月26日 (日) から2020年08月15日 (土)
夏休み4週間
  • 2020年06月28日 (日) から2020年07月25日 (土)
  • 2020年07月26日 (日) から2020年08月22日 (土)

  • 活動場所: カトマンズ
  • 活動先: 保育園、学校
  • 滞在先: ホテル
  • 参加者対象年齢: 15~18歳
  • 到着空港: カトマンズ(KTM)
  • 現地語: ネパール語

ネパールで高校生が参加できるチャイルドケア&コミュニティの海外ボランティアプログラム参加者を募集しています。

舞台は、アジアの最貧国と言われるネパール。このプログラムは、ネパールで育つ貧困層の子供たちへのチャイルドケアと地域奉仕活動に貢献し国際協力の第一歩を経験するものです。

エネルギッシュで情熱に満ちあふれた外国人高校生が世界中から集まり、チームとして一丸となりながらネパールの子供たちに寄り添う貢献。そんな高校生ボランティアの存在は、子供たちの学習意欲に火を灯す貴重な存在です。あなたにとっても、海外でチャイルドケアのボランティア経験を得ながら、美しいネパールを冒険する貴重な機会となるはず!

高校生ボランティアに求められるのは、子供たちが楽しく遊びながら学べる学習環境の実現。「遊ぶ」ことは、幼い子供たちの発育に欠かせない重要な要素であることは言うまでもありません。高校生ボランティアのあなたが貢献する幼児教育の促進は、プロジェクトアブロードが発展途上国ネパールで掲げるチャイルドケアの長期的な目標への達成を後押しする原動力へ。

このプログラムでは、実践的なチャイルドケア活動以外にも、仲間の外国人高校生ボランティアと一丸となって地域奉仕活動に貢献します。学校の古くなった教室の壁を色鮮やかに塗り替えて、子供たちが視覚からも学べるよう工夫したり、安全な遊び場の設置などに協力します。

舞台はネパールの首都カトマンズ。飛行機から壮大なヒマラヤ山脈を眺め、カトマンズ空港に到着。そこには、一生涯忘れられない夏休み・冬休みの海外経験が待っています!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

高校生が貢献できるネパールでのチャイルドケア&コミュニティボランティアの活動内容 

高校生対象のネパールでのチャイルドケア&コミュニティの海外ボランティアプログラムでは、以下のような活動に従事します:

幼児教育の促進

ネパールの子供たちに歯磨き指導を行う日本人高校生ボランティアたち高校生ボランティアに任されるのは、地元の先生たちのサポート。

本の読み聞かせ、屋外での体を動かしたゲーム、歯磨き指導などの保健衛生教育、その他さまざまなアクティビティを通して、ネパールの子供たちが楽しみながら新しいスキルを学び、学習できるよう努めます。また、パズル、お絵描き、図画工作など行い、子供たちの想像力や創作意欲を引き出します。

チャイルドケアに携わるのが初めてでも大丈夫。活動に同行するプロジェクトアブロードのスタッフが、さまざまな形で高校生ボランティアの活動をサポートします。

高校生ならではの独自の発想やチャイルドケアアクティビティへの提案が歓迎される環境です。

地域奉仕活動

ネパールで教室の塗装に励む高校生ボランティアネパールの子供たちと直に接するチャイルドケア活動のみならず、現地の保育園や学校の物理的な学習環境の改善にも貢献します。

例えば、教室の壁を塗り替えて、カラフルで子供たちが視覚からも刺激を得るよう工夫。段ボールやクレヨンを使って、単語帳やポスターなどの教材作りにも努めます。活動は、地域奉仕活動は、外国人高校生ボランティアとの団結力の見せどころ!

高校生ボランティアが行うこれらの地域奉仕活動は、みなさんがネパールから帰国後も現地で活用される貴重な貢献です。

異なる環境に身を置いたからこそできる新しい自分の発見

若い高校生が発展途上国ネパールに渡り、視野を広げることは、国際人としての自分の成長にもつながる機会。豊かな文化とその多様性を誇るネパールで、同じ興味を持った多国籍な同世代のボランティアとの出会い。世界で一番高い山の麓で過ごす夏休みや冬休みの経験。これは、あなたの人生においても貴重な学習を得られるはず!

日々のボランティア活動以外の時間には、さまざまな異文化体験や交流のアクティビティが予定されています。貴重な野生動物が住むチトワン国立公園に出かけたり、地元のマーケットの散策、ネパール郷土料理教室など、体験型でネパールという国や文化を学びます!

あなたも、今年の夏休みや冬休みはネパールの魅力に触れながら、支援を必要としている子供たちに手を差し伸べる高校生ボランティアの一員へ。

Volunteer Profile
Maya
“子供たちと遊べたことが一番有意義でした。ネパールの子供たちはとてもかわいくてみんな素直で、私たちボランティア学生を笑顔で受け入れてくれました。そんな子供たちの笑顔に癒されて元気をもらえました。学校の壁塗りや床づくりなどは大変でしたが、初めての体験ばかりでした。今回は高校生スペシャルだったので、同じ年の世界の子たちと出会えたのもよかったです。たくさん違う国の友だちができました。”
Volunteer Profile Serina
Serina
“本当に全てが良かったです。ルームメイトが外国人の子たちで、お互いに自分の国の話をしたりしました。正直、今まで自分には自信がなく、日本より海外に憧れていました。でもこのプロジェクトを通して、自分のこと、自分の家族、友達、そして日本を好きになろうと思いました。なぜなら、海外の人と会話をするにはまずは互いの国や家族、そして自分のことを紹介します。自分のいいところ、自分の今の環境をどれだけいいところなのかってことをしっかりと理解してそれを堂々と人に話せるようになりました。これは、大きな変化であり、すごく意味のあることだと思います。そして、ボランティアは人を助けることだけど、それ以上に学びの場であると感じた。特にケアコミュニティでは、多くの人と触れ合い、いろんな話をしていろんな文化や習慣、価値観の違いに触れ、気づかない間にテレビや教科書では伝わらないリアルなことに気づくことができる、そう強く感じました。”
Volunteer Profile
Minori
“ネパールでの様々なことにとても不安があったけど、現地では毎日が楽しくて不安に思っていたのが嘘のようでした!プロジェクトアブロードのスタッフさんや、現地のスタッフさんは、とてもフレンドリーで優しい方ばかりでした。何も心配することはありません。あとは、思い切ってどんどんコミュニケーションをとることです。私も英語には自信がありませんでしたが、頑張ってしゃべればわかってもらえます。英語に囲まれて生活できたのも、とてもいい経験になりました。”
高校生スペシャル年間の功績 高校生スペシャルって何? 大学進学のアピール 現地入りしたら

友達に教える :

トップに戻る ▲