Projects AbroadProjects Abroad

ネパールで子供のケアの海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: カトマンズ、チトワン
  • 活動先: ケアセンター、障がいを持つ子供たちのための特別支援施設、特別ケアセンター(栄養失調、HIVエイズ)、早期教育クラス
  • 役割: ケアマネージメントプランに沿って教育や日常生活でのサポートや精神的なサポートを提供し、目標達成に向けて努めること
  • 子供の年齢: 新生児~約20代
  • 子供の人数: 2~30人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

インフラの未整備と失業率の高さは、今日のネパールにおいてとても大きな問題です。特に小さな子供や若者たちにとって継続的に進歩を遂げていくことがネパールの多くの地域コミュニティに求められています。だからこそ、ボランティアの助けが必要とされているのです。プロジェクトアブロードのケアプロジェクトでは、子供たち一人ひとりに接し、彼らに少しでも教育を受ける機会を与えられるように取り組みます。教育的サポートをしたり、精神的に寄り添ったりすることで、目の前にいる子供たちが明るい未来の兆しを得られる可能性を大いに秘めています。

ネパールでのケアプロジェクトは、カトマンズとチトワン周辺で活動しています。障がいのある子供たちのための特別支援施設、学校での早期教育クラス、ケアセンターなど実にさまざまな活動先がありますので、参加者の希望や興味、スキルに合わせて活動先を選択することも可能です。また、栄養失調やHIV/エイズに感染している子供たちのための特別な施設での活動も行っています。

各活動施設では設備や資材等が乏しいことが多く、活動していて苦労することもあるかもしれません。また、子供たちの中には厳しい境遇の中で育った子供や辛い過去を経験している子供などもいますが、こういった子供たちが誰よりもケアを求めていることは言うまでもありません。きっとボランティアの皆さんと過ごす時間は彼らにとってかけがえのないものとなり、健やかに成長し、責任ある大人へと成長するためにもとても大切な時間になることでしょう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南アジアのネパールでのチャイルドケアの海外ボランティア

ネパールではさまざまな活動先があり、そのケア内容も多種多様です。例えば、保育園児や幼稚園児を対象に早期教育にあたります。また、ケアセンターでは、歯磨きや手洗いなどの衛生指導、英語のアルファベットや数字、基礎的な運動、環境保護教育、算数などを教えます。その他、絵を描いたり工作をしたりして創造的な活動も取り入れられるとさらに良いかもしれません。一度に両方の施設で活動に参加することはできませんが、どちらの活動先でボランティアとして貢献することになっても、日頃なかなか目が届かないような細かいところまで目を配り、子供たち一人ひとりに接することが大切です。

ヘルスケアに興味がある方は、栄養失調の子供たちのための特別ケアセンターでの活動をお勧めします。ここでは、栄養失調の子供たちが健康を取り戻せるように栄養管理された食事を摂取しリハビリに取り組んでいます。個々での活動をご希望される方はお申込みの際にお知らせください。

Volunteer Profile
Minako
“実際に現地の施設を訪問して、利用者やスタッフと関わりながら一緒に活動をして過ごすことができたということが最も有意義な経験だったと思います。今回は短期間でしたが、また訪問する機会を作りたいと思っています。その上で、いろんな専門性をもつ方々と協力していけると勉強にもなるので楽しみにしています。”

ネパールの特別支援施設での海外ボランティア活動

ネパール、子どもとアクティビティーをするスタッフとプロジェクトアブロードボランティア

特別支援に関わる活動を希望される方は、現地の身体障がい、あるいは知的障がいを抱える子供たちのための特別支援施設を活動先として希望を出すことが可能です。毎日継続的に子供たちのサポートにあたるボランティアの存在は現地のスタッフにとってとても貴重で、非常に歓迎されます。子供たちが少しでも自分で生きるための力や技術を身に付けられるようサポートします。

障がいをもつ子供たちへのサポートの仕方、あるいはリハビリの方法が自分の国とは異なることもたくさんあるかもしれません。文化や習慣が異なる国に滞在しているということを十分に理解した上で取り組むことが大切です。

どの活動先に配属されたとしても、そこでの活動はきっと大きなチャレンジとなることと思いますので、あらかじめ心の準備をしっかりして活動に臨みましょう。子供たちの中には病気を患っていたり、行動に問題があったり、あるいは身体または知的な障がいを持つため、特別な支援を必要としています。ボランティアの皆さんの存在は、そんな子供たち一人ひとりにとってとても大きな存在で、彼らの生活や成長、そして人生にも大きな影響を与えることにつながるかもしれません。プロジェクトアブロードのケアマネージメントプランに従い活動を継続することで、一人のボランティアの参加期間は短かったとしても、年間を通して見ると、たくさんのボランティアがそのバトンを繋ぎ、現地の子供たちに継続的な支援を届けることができると確信しています。

また、現地では、プロジェクトアブロードの現地スタッフが定期的にワークショップを開催しています。扱う子供たちの対象年齢に応じた活動内容のアドバイスをもらったり、ボランティア同士で意見交換をしたりと、役に立つ情報を得られる良い機会ですので、積極的に参加して自分の活動がより充実したものとなるよう努めましょう。

ネパールでのケアボランティアを通して得られる経験は人によって異なります。ただし、現地のさまざまな境遇にある子供たちに何かしらの良い影響を与えられることには変わりありません。現地の各活動先のスタッフはみな、ボランティアの皆さんのサポートを心待ちにしています。

プロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期にわたって参加される方に比べると得られるものが異なる場合がございます。予めご承知おきください。

ネパール、ケアセンターでペイントの仕方を教わった男の子

特にHIVエイズ感染者の子供たちのための施設での活動に強く興味がある場合は、HIV/エイズプロジェクトをご覧ください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

このネパールでのケアプロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらのマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Nepal Care Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲