You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

モザンビークで海外ボランティア

概要
サイクロン・アイダイ被災地に暮らすモザンビークの地元女性
  • 活動場所: ベイラ
  • 役割: サイクロン・アイダイ被災地の教育施設の再建に貢献すること
  • 参加条件 なし
  • 滞在先: ボランティア共同宿泊施設
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時
  • ※各プロジェクトで紹介している写真は、参考イメージとなっております。写真で掲載されている場所で活動できるとは限りませんので、あらかじめご了承ください。
国情報

モザンビークで海外ボランティア参加者を募集しています。募集対象は、世界中の学生や社会人。アフリカ大陸の南東部に位置するモザンビークは今、あなたの助けを必要としています。

サイクロン・アイダイ被災地に暮らすモザンビークの地元女性

モザンビークで取り組んでいるのは、サイクロン・アイダイで被災した地域の災害復興支援活動。2019年3月以降、サイクロン・アイダイの上陸によって暴風と豪雨がモザンビークを襲い、モザンビークおよび近隣国に甚大な被害をもたらしました。

家を失い、家族や友人を亡くしたモザンビークの人々。彼らは、見たこともない光景を目の前に途方に暮れています。支援が求められているのは、そんなモザンビークの人々の生活の再建を地域に根差した形で行う国際協力。自然災害が多い日本出身のあなただからこそ理解できる苦労、そしてあなただからこそできる貢献がモザンビークにあります。

アフリカの発展途上国での生活に不安を覚える人も多くないはず。現地では、プロジェクトアブロード専属のスタッフが24時間体制であなたの現地滞在と活動をフルサポート。プロジェクトアブロードは、本気のあなたを応援します!

モザンビークでの経験は、単なる国際ボランティア活動にとどまりません。モザンビークの地元の人々や世界中から集まる多国籍な外国人ボランティアとの交流は、あなたの世界観を大きく広げてくれる貴重な異文化体験となることでしょう。

活動がお休みとなる週末は、モザンビークを異なる角度から知る機会。現地で出会ったインターナショナルな外国人ボランティアの仲間と共に、モザンビークで新しい発見をしよう!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

モザンビークでの海外ボランティアの活動拠点

モザンビークで食を通した異文化体験

モザンビークでの海外ボランティアの活動拠点は、ベイラ周辺です。

ベイラは人口約50万人が暮らすモザンビーク第4の都市。

南北に縦長に横たわるモザンビークのちょうど真ん中に位置するベイラは、1887年に軍事都市として誕生。国内最古の都市の一つであり、「モザンビークの心」として知られてきました。

港湾都市ベイラはインド洋への海の玄関口としての機能を果たし、ベイラ国際空港も要することから、交通の要としてモザンビークの経済の一端を担っています。

そんなベイラは、ヤシの木が生い茂る美しいビーチはもちろん、インド洋を望むその立地条件から海の幸のメッカとしても知られてきました。また、周辺には国立公園や自然公園が存在し、アフリカが誇る壮大な大自然と貴重な野生動物の宝庫でもあります。

しかし、サイクロン・アイダイがもたらした暴風と豪雨、それに伴う洪水や地滑りによって、ベイラは都市としての機能を失い、復興に向けて多くのボランティア支援を必要としています。

モザンビーク到着後の流れ

モザンビークの到着指定空港では、担当スタッフがボランティアのみなさんのご到着をお待ちしています。

アフリカ南東部に位置するモザンビークの到着指定空港、空港送迎、オリエンテーション、活動初日までの一連の流れは、モザンビーク到着案内をご参考ください。

モザンビークの一般プロジェクト

友達に教える :

トップに戻る ▲