Projects AbroadProjects Abroad

モンゴルで理学療法の海外インターンシップ

概要
  • 活動場所: ウランバートル
  • 活動先: 病院、アウトリーチ活動
  • 役割: 現地の理学療法士の監督のもと、視察を通して理学療法の知識と経験を積むこと
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

モンゴルで理学療法士のインターンとして患者を診ている様子

モンゴルで理学療法の海外インターン参加者を募集しています。このモンゴルでの理学療法士のインターンシップは、首都ウランバートルにある病院のリハビリテーション科で行っています。

理学療法士のインターンとして、入院患者と外来患者の両方のケアにあたります。病院内の設備は基本的なものしかありませんが、患者の多くは治療を受けるため遠く離れたところからやってきますので、限られた設備の中でよりよい施術ができるように工夫をしながら取り組む必要があります。

この病院での活動のほか個人病院での活動も行っていますので、時々そちらに赴いてリハビリをすることも可能です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

モンゴルでの理学療法士インターンとして得る国際経験

モンゴルで理学療法の海外インターンシップモンゴルでの理学療法の海外インターンシップでは、理学療法士のインターンとして、現地医師や看護師、理学療法士の仕事を実践的に見て学び、シャドウイングをしていきます。またご自身の経験に応じて、直接患者のリハビリに携わり運動をさせたり適切な器具を使ってリハビリをしたりもします。

病院スタッフはできる限りインターンの皆さんのサポートもしますので、わからないことがあれば自分から質問するようにしましょう。また、何事にも積極的に臨み、自分ができることを他のスタッフにも教えてあげたりして、より多くの経験を得られるように熱心に取り組みましょう。

プロジェクトアブロードでは、定期的に医療アウトリーチプログラムを計画し、モンゴルの医療システムについてより理解を深めてもらえるような機会を設けています。これらは理学療法に直接的に関係しているわけではありませんが、モンゴルの他の医療分野についての知識を得るためにもよい機会になることと思います。過去に行った医療アウトリーチプログラムとして例を挙げますと、コミュニティセンターでホームレスの人たちのための健康診断や、地元の病院で行った衛生管理キャンペーンなどがあります。

モンゴルでの理学療法プロジェクトに参加されるインターンの皆さんは、現地のご家庭でホームステイをして滞在することになります。また、現地では他のボランティア、インターンとの交流の機会もありますので、いろいろなところに訪れてみたりして、ぜひモンゴルでの生活を満喫してください。

活動参加にあたって、現地語であるモンゴル語を話せることは必須ではありませんが、現地文化により早く溶け込み、交友関係を広げるには、モンゴル語の基礎を身につけることが近道となります。せっかくモンゴルまで来たのなら、メインのプロジェクトの前またはプロジェクトと並行しながらモンゴル語を学んでみませんか?

友達に教える :

トップに戻る ▲