You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

中米メキシコで国際医療の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: グアダラハラ
  • 活動先: 病院
  • 診療科: 婦人科、内科、外科、小児科、検査科
  • 役割: 現地の病院でさまざまな診療科を回りながらプロの医師や看護師たちのもとで実践的な経験を積むこと
  • 参加条件: 18歳以上。初級レベルのスペイン語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

スペイン語圏の発展途上国の病院で実際に働く現地の医師や看護師などから、専門知識やスキル、現地の医療事情を学びたい方には、メキシコの国際医療の海外インターンシップがおすすめです!医療の道を目指す大学生や、海外の現場で経験を積みたい医師などの現役医療専門家の社会人の皆さん注目の海外インターンシップです。

医療インターンとして活動時間中はもちろん、滞在先となるメキシコ人ホストファミリーのホームステイ先でもスペイン語のみの環境となりますので、スペイン語の上達も期待されます。スペイン語圏での異文化交流を通して、自分の価値観に多くの刺激を与えられることでしょう。

メキシコでの国際医療の海外インターンシップの派遣先は、グアダラハラの市立病院です。施設は一般的に水準が高く、多くの病院は西洋の病院とあまり変わりありません。現地医師や看護師も、インターンが参加意思を強く持ち、意欲的に取り組んでいる限り気持ちよく受け入れてくれます。やる気を見せ、周りの関係者とよき信頼関係を気付くことができれば医師や患者も喜んで仕事を与えてくれることでしょう。

スペイン語力が不安な方は、国際医療の海外インターンシップ前に、メキシコでスペイン語の語学留学がおすすめ!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

中米メキシコでの国際医療インターンシップとは

中米メキシコで医療インターンシップに参加中の日本人インターンインターンの方の希望に沿って、さまざまな診療科から配属先を選定しています。外科、婦人科、血液内科、小児科、病理科、麻酔科が主な診療科です。その他、救命救急科や産科、整形外科、形成外科、そして理学療法科などでの活動も選択できます。

活動期間中は、十分な経験を積んでいるかどうかスーパーバイザーがあなたの活動の様子をよく見ています。何かあった場合には相談しながら進めるようにしましょう。

医療の海外インターンシップがお休みとなる週末は、仕事から少し離れ、世界中から参加している多国籍な外国人ボランティアやインターンと交流したり、一緒にグアダラハラやその周辺の観光地を巡ってみるのはいかがでしょうか。

メキシコでの国際医療の海外インターンシップは、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満でも受け入れが可能です。ただし、長期参加のインターンの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

メキシコでの国際医療の海外インターンシップの目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Mexico Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲