Projects AbroadProjects Abroad

中米メキシコで環境保護活動の海外ボランティア 追加情報

概要
プロジェクト概要 プロジェクト追加情報

プロジェクトインフォメーション

ここでは、メキシコの環境保護プロジェクトで活動できる内容の詳細情報をご案内します。

ウミガメプロジェクト

環境保護プロジェクト、浜辺のウミガメ館

私たちの活動の中心は3種類のウミガメ(Olive Ridley, Leatherback and Black)の巣を保護することです。その中には24kmに及ぶ海岸線のパトロール、天然の巣から卵を回収し私たちの保護エリアで孵化させることなどが含まれます。密猟者もまたビーチを見回っているため、こうしたパトロールが必要になり、助けられなかった巣は生き残ることが難しいということを意味しています。また他にもウミガメの生息数や生態系・生物学に関するとても役に立つ情報を集めています。

ウミガメの保護活動は主に深夜に2回に分けて行われます。一回目は午後10:00~午前3:00、二回目は午前3:00~午前8:00です。この時間帯はその時期の日の長さやカメの行動によっても大きく変わってきます。1月~5月はカメの巣も少ない時期のため毎晩のパトロールも短くなります。代わりに回収した卵を再度埋めている保護されたエリアを新しく拡大するなど、その他の活動に割く時間を増やします。

メキシコ、ウミガメ保護プロジェクト

ボランティアは通常ペアになりローテンションで活動するので、ボランティア全員がすべての仕事に関わることができます。四駆の車を使ってのビーチパトロール、保護エリアのモニタリング、孵化したウミガメの赤ちゃんを海に還す活動などを行います。

ワニ園

メキシコ、環境保護プロジェクト、ワニ

ワニ園「La Colorada」は、La Coloradaラグーンの岸に位置し、その先はAlcuzahueラグーンへとつながっていいます。

このワニ園は1985年にコリマ州と環境天然資源省の政府によって作られました。このプロジェクトの管理は地元の漁師組合が請け負っていましたが、資金難によりプロジェクトは放棄されてしまいました。今ではワニの保護と近郊エリアへのワニの再導入を行っています。

このワニ園ではこのエリアで見られる二種類のワニ(the Morolet's Crocodile、the American Crocodile)を管理しています。

生物多様性プロジェクト

私たちのメイン活動地から5分ほど離れた歩いたところにあるのが、El Chupaderoラグーンです。私たちは2006年からここで活動し始め、とても興味深い生物多様性に関する研究を実施しています。これによりこの地域が野生動物にとっていかに大切かということを説明し、当初の目的である自然保護区に指定されることを期待しています。

メキシコ、環境保護プロジェクト、フィールドワーク中のプロジェクトアブロードボランティア

ボランティアたちの努力によって集められたこれまでのデータにより、このエリアは2009年にラムサール条約湿地に指定されました。ラムサール条約湿地とは、ラムサール条約(正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」)によって生物多様性の保護や人間コミュニティの福祉の観点から見て、極度に重要とされる地域のことです。これは保護されたエリアが享受できるタイトルの中では非常に重要なものの一つで、環境保護プロジェクトに注がれた大変な努力が功を奏した証ともいえます。

私たちは今、現地の生物学者や動物学者と協力して、それぞれの生物の習性やシーズン別の生物などのより具体的な情報を得るために、さらに深く突っ込んだ研究をしています。ボランティア活動では、ボートでラグーンに向かい、双眼鏡や収集ファイルを使いながらこうした活動に協力します。私たちは指定されたルートをたどることによって、系統的にこのエリアをカバーできるようにし、このやり方が進展すればするほど、この研究はより興味深いものになっていきます。

残念ながらこの地域には環境保護に対する意識や教育が欠けていて、野生動物の生息地は人間が行う農業という脅威にさらされています。また汚染も心配され、野生動物が食べ物や狩りの対象となるケースも見られます。こうした捕獲された動物は国内外問わず、魅惑的な生物として売買されます。また調査や保護を進めるための政府からの援助金も決して十分ではなく、マングローブ林が伐採されているのも悩みの種です。こういった理由から、私たちが状況を改善し、さらに保護されるエリアになるように活動しているのです。

このエリアで確認された野生動物の中には、Tropical Kingbird, Great Kiskadee, Belted Kingfisher, Yellow-crowned night-heron, Green heron, White Ibis and the Roseate Spoonbillなどの様々な熱帯の野鳥がいます。他にもイグアナ、ワニ、ボア、川ヘビなどの爬虫類、たくさんの小さな哺乳類、タカをはじめとした猛禽類も生息しています。リサーチを続けることで、まだまだ珍しい生物を発見できることは明らかです。

マネージメントプラン、データ&報告書

友達に教える :

トップに戻る ▲