Projects AbroadProjects Abroad

マダガスカルで教育の海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: アンダサイブ
  • 活動先: 小学校、中学・高校
  • 役割: 英語の授業を担当、またはアシスタント教師
  • その他の教科: 数学、演劇、音楽、体育など
  • 生徒の年齢: 6~17歳
  • 生徒数: 20~40人
  • 滞在先: ゲストハウス
  • 活動期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

マダガスカルで学校教育! 現地の学校で語学を教えるボランティアアフリカ大陸の島国マダガスカルで、英語教育に貢献する海外ボランティアに参加しませんか?このマダガスカルでの教育ボランティア活動では、教師としての実践的な教育経験を積みながら、現地の子供たちの教育に貢献することができます。

マダガスカルでの教育の海外ボランティアは、短期参加が可能な上、TEFLや教員経験などの資格や経験は特に求められません。夏休みを利用して参加する高校生ギャップイヤー中や休暇中の大学生、転職中の社会人、人生経験豊富なシニアなど、マダガスカルの将来を背負う子供たちへの教育という意義ある活動に興味のある方なら、どなたでも参加できます。また、プロジェクトアブロードの海外ボランティアプログラムには、日本人ボランティアの皆さんだけでなく、世界中から多国籍な外国人ボランティアが参加するため、マダガスカルにいながら国境を越えた異文化交流を体験する貴重な機会となるでしょう。

フランス語とマダガスカル語が公用語であるマダガスカルでは、現地の学校で主に英語教育やフランス語教育を行い、リーディング、ライティング、実践的な会話などのスピーキングのスキルを上達させることを目標としています。また、現地の子供たちの識字率や語学力の向上に貢献すると同時に、自分の興味、経験、スキルを活かした学校教育に携わることが可能なボランティア活動です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

アフリカの島国マダガスカルで教育を通した国際協力

マダガスカルで教育の海外ボランティア 小学校で英語を教えるボランティア先生

アフリカの離島マダガスカルでの教育ボランティア活動の拠点は、アンダサイブにある小学校や中学校・高校。参加する教育ボランティアの皆さんの役割は、それぞれの経験や自信によって異なり、現地の先生の補助やグループに別れての英会話の指導を始め、一人で授業を行うこともあります。

経験値にもよりますが、数学や演劇、音楽や体育などの他教科を教えることも大歓迎ですので、興味がある教科があれば、ぜひあらかじめスタッフにご相談ください。ゲームや歌を取り入れるなど、ボランティアの皆さん一人ひとりの特技を活かし、現地の学生たちが最大限に学べるよう工夫して授業を進めて行きましょう。

マダガスカルの学校が休暇に入る7月初め~9月末の間の活動は、通常の学校での授業からサマースクールキャンプの運営に移行します。このサマースクールでは、通常の授業で学習に遅れをとっている生徒たちのために臨時のクラスを設け、学習のサポートを行います。こうして、次の学期が始まる頃には、遅れをとっていた子供たちが他の生徒たちと同じように問題なく授業についていけるよう工夫した取り組みです。

サマースクール運営にあたって、教育ボランティアたちは自分の知識やスキルを活かしながら、例えば、英語、フランス語、数学、化学、地理などの教育に貢献します。これらのクラスは午前中に行われ、午後は、スポーツを始めとした体を動かしたアクティビティやゲームなどに取り組みます。

また一週間に一度、午前中のクラスが終了した後に生徒たちと一緒に森へ出かけ、自然環境の中で環境保護について教育を行う課外アクティビティを実施します。

マダガスカルでの教育のボランティア活動は、少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期間参加した方がより有意義な経験や充実した時間を過ごせる傾向にありますので、念頭に入れておきましょう

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

このプロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらのマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Madagascar Teaching Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲