You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

マダガスカルで子供のケアの海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: アンダサイブ
  • 活動先: プロジェクトアブロード運営の幼児教育センター
  • 役割: 教育的な活動を展開したり、精神的なサポートを施したりして、ケアマネージメントプランに基づき活動し、目標達成に向けて努めること
  • 子供の年齢: 2~6歳(7~9月の現地の小学校が夏休みに入る間は小学生も含む)
  • 滞在先: ゲストハウス
  • 活動期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

マダガスカルで子供たちの発育に貢献 現地の子供たちの様子

アフリカ大陸の島国マダガスカルで、現地の子供たちのケアに貢献する海外ボランティアを募集しています。マダガスカルでのチャイルドケア活動の拠点は、プロジェクトアブロード直営の幼児教育センター。発達の重要な過程にある幼児たちの教育に焦点をあてたチャイルドケアのボランティア活動です。

子供が好きな方や、発展途上国の子供たちの現状やチャイルドケア・教育全般に興味がある方、国際協力に貢献したい方興味がある方などにおすすめのチャイルドケアボランティア活動は、短期参加が可能な上、参加にあたって特に経験は問われません。夏休みを利用して参加する高校生ギャップイヤー中や休暇中の大学生、転職中の社会人、人生経験豊富なシニアなど、どなたでも参加できます。たくさんのボランティアの皆さんからのサポートを必要としているマダガスカルの幼児教育センターで、子供たちの今とより良い未来のために手を差し伸べてみませんか?

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

アフリカの島国マダガスカルの子供たちのケアボランティアとは?

マダガスカルでチャイルドケアの海外ボランティア 歯磨き指導を行うボランティア

アフリカの離島マダガスカルでのチャイルドケア活動の拠点はアンダサイブ。実際の活動先となるプロジェクトアブロードが設立・運営を行っている幼児教育センターは、ケアボランティアの皆さんからの協力によって成り立っており、現在も多くのサポートを必要としています。この幼児教育センターに来るのは、家庭内の経済的な問題から幼稚園に行くことができない2~6歳の子供たち。これらの子供たちは、この幼児教育センター以外に行く当てがありません。

マダガスカルの幼児教育センターでは、プロジェクトアブロードのケアマネジメントプランに沿い、読み書き能力、基礎計算能力、英語/フランス語力、衛生管理の向上、そして幼児期の発達の促進に焦点をあてています。

アンダサイブに暮らす多くの子供たちは、読み書き能力や基礎計算能力が乏しく、小学校に入学してから苦労しています。そこで、幼児教育センターはこれらの子供たちが小学校に入った後も問題なく授業についていけるレベルに達するようサポートすることを目標の一つに掲げています。

マダガスカルでのチャイルドケア活動は教育だけにとどまらず、子供たちが手洗いや歯磨きなどのきちんとした衛生管理の習慣を身に着けるよう指導を行っています。

また、ケアボランティアたちはスポーツや図画工作などの創作活動を通して子供たちと一緒に遊び、交流をします。ボランティアとしてケア活動する際には、子供たちが周りの人たちと上手に関わりを持てるように社会性を養うことも頭に置きながら活動することが大切です。子供たち一人ひとりと真摯に向き合うことによって信頼関係を築き、心の支えとなるよう心がけましょう。どのアクティビティも、現地の子供たちにとってはすべてが新鮮で学ぶことが多い価値のある活動です。皆さんが持っている特技やスキルを積極的に活動に取り入れていきましょう!

マダガスカルの学校が休暇に入る7月初め~9月末の間の活動は、幼児教育センターでの活動から、現地の小学生(6~11歳)のためのサマーキャンプの運営サポートに移行します。このサマーキャンプの狙いは、小学生が長い夏休み中も発達に必要な刺激を受け続けるようにすることです。サマーキャンプは、小学生未満の子供たちの参加も歓迎されます。これらの幼い子供たちには、サマーキャンプで幼児教育クラスやアクティビティを行います。

マダガスカルでのチャイルドケアボランティア活動

アフリカのマダガスカルでチャイルドケアの海外ボランティアプロジェクトアブロードのマダガスカルオフィスのコーディネーターが、週一で開催するケアワークショップには、ケアボランティアの皆さんが全員が参加します。このワークショップでは、次の週のレッスンプランの討議、活動中に自分が直面している課題の相談、問題解決への意見交換などを行う絶好の機会!ぜひ最大限に活用しましょう。

マダガスカルでのチャイルドケアボランティア活動は、通常現地カレンダーの平日の月曜日から金曜日までですので、世界中から参加する多国籍な外国人ボランティアの仲間と一緒に、週末は観光や旅行などに出かけると良いでしょう。

また、参加期間中に現地施設などから要請を受けて遊び場の修理など必要に応じて滞在中のボランティア全員で修繕活動を行うイベントを企画することもあります。ボランティアの皆さんからの提案やアイデアを随時受け付けていますので、プロジェクトアブロードの現地スタッフにお気軽にご相談ください。

ケアプロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期間参加した方がより有意義な経験や充実した時間を過ごせる傾向にありますので、念頭に入れておきましょう。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

この マダガスカルでのケアプロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらの マネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Madagascar Care Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲