Projects AbroadProjects Abroad

ケニアで薬剤師の海外インターンシップ

概要
  • 活動場所: ナニュキ
  • 活動先: 病院またはヘスルケアセンター
  • 役割: 現地の病院で薬剤師と共に活動したり、自ら地域コミュニティに出向いて行う医療アウトリーチ活動に携わること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

ケニアで国際インターンシップ 薬学インターンたちが薬の梱包をしている様子

このプロジェクトは、薬学インターンとして発展途上国ケニアの薬剤師たちが直面している問題を直に学ぶことができます。現地の医療設備はベーシックな場合がほとんどですが、薬学インターンたちは現地の薬剤師の仕事をシャドーイングし、薬学に関連したアクティビティやアウトリーチ活動を通してさまざまなことを学んでいきます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

東アフリカのケニアで薬学を実践的に学ぼう

インターンたちは、薬学の分野で現地で実際に働くスタッフの働きぶりを観察・補助し、ヘルスケアの向上、患者がへの調剤の確認、薬局での仕事のサポートに携わります。これらの活動を通して、現地の異なる生い立ちの患者たちと直接関わることができます。また、プロジェクト全体を通して現地の経験豊富な薬剤師が側でリードしてくれるので安心です。。

ケニアでの薬剤師インターンの役割

ケニアで国際インターンシップ 寄生虫退治の薬を現地の子供たちに配布する薬学インターン

この海外インターンシップでの薬学インターンの活動は、主に観察中心となります。しかし、現地のプロ薬剤師の監督のもと、医師が出した指示に沿って薬の準備をしたり、薬の調剤、薬による治療に関しての質問に応答しながらのアドバイス、薬を使ったセラピーでの患者のカウンセリングなど、さまざまな役割を果たしていきます。

この海外インターンシップでの薬学インターンの活動は、主に観察中心となります。しかし、現地のプロ薬剤師の監督のもと、医師が出した指示に沿って薬の準備をしたり、薬の調剤、薬による治療に関しての質問に応答しながらのアドバイス、薬を使ったセラピーでの患者のカウンセリングなど、さまざまな役割を果たしていきます。

またケニアでの薬学インターンシップでは、毎週と毎月定期的に行われる医療アウトリーチ活動による医療国際協力や、薬学に関する認識向上を促進する活動も行います。地域コミュニティに自ら出向いて医療サービスを提供するアウトリーチ活動では、ケニアの中心部から離れた地域で暮らす人たちが実際に抱えている問題への理解を深める手がかりとなるでしょう。このアウトリーチ活動では、資格を持った薬剤師からアドバイスをもらいながら、地域コミュニティ内で暮らす患者たちのために調剤、薬の梱包、ラベル付けなども補助します。

ケニアでの活動中は、現地人のホストファミリーの家でホームステイを体験します。ホームステイによる現地滞在は、ケニア文化を一歩踏み込んで学ぶ絶好の機会です。 ホストファミリーと過ごす以外の時間は、プロジェクトアブロードの他のボランティアやインターンたちと積極的に交流し、ぜひ国境を越えた友達を作る機会に役立てましょう。毎日の活動終了後の自由時間や活動がお休みになる週末は、友達になった仲間と過ごしたり、観光を兼ねて周辺の小旅行へ出かけ、新たなケニアを発見しましょう。

※ケニア政府より、ケニアで活動するにはボランティア許可証の取得が義務付けられています。ケニア到着後にプロジェクトアブロードの現地スタッフが申請手続きをサポートします。申請には現金15,000ケニアシリング(約150米ドル)が必要となり、1ヶ月ごとに更新する必要があります。4週間以上参加する場合はボランティア許可証の更新に毎月15,000ケニアシリングが必要となりますので、あらかじめご了承ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲