Projects AbroadProjects Abroad

ケニアで国際医療の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ナニュキ
  • 活動先: 総合病院、小さなクリニック、老人ホーム、田舎コミュニティでの訪問医療活動
  • 診療科: 産婦人科、内科、外科、小児科、研究室
  • 役割: 発展途上国の実際の医療システムを学び、理解を深めること
  • 参加条件: なし
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日:  随時

スリランカで壁の修繕ボランティアをする日本人高校生ケニアでの医療の海外インターンシップの拠点は、首都ナイロビから約200km北東にあるナニュキ周辺。ケニア国内でも特に貧困地域の医療機関で活動に取り組んでいるこの海外インターンシップでは、アフリカの発展途上国での「リアル」な医療システムや医療処置について知識と見分を深める貴重な機会となることでしょう。

派遣先は、大きな総合病院から町の小さなクリニック、そして老人ホームなどと多岐に渡します。派遣先の医療施設の大きさに関わらず、産婦人科、内科、外科、小児科、研究室などさまざまな診療科で異なる症状の患者さんたちをケアしています。

ケニアでの医療の海外インターンシップ参加にあたって、特に経験は問われません。将来医療の道に就くことを目指している医療系学生の方はもちろん、やる気と医療の分野に興味さえあれば医療学習経験がない方も歓迎されます。

先進国とは異なり、これらの病院には基本的な設備しか整っていません。時にはショックを受けるような光景に出くわすこともあるかもしれませんので、あまり感情移入しすぎないよう心がけましょう。

活動は、通常、ケニアのカレンダーの平日月曜日~金曜日です。医療というプロジェクト柄、活動は患者さんの数や状況に影響されることもありますので、スケジュール変更にも柔軟に対応する姿勢が大切です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

東アフリカのケニアでの医療インターンとしての活動

ケニアでの医療の海外インターンシップの実際の活動内容は、これまでの経験やその人の活動に取り組む姿勢などによって大きく左右されます。多くの方は実際の医療現場を見学することから始めます。それから現地のスタッフと積極的に関わりを持ち自ら多くのことに挑戦する気持ちを全面に出していくことで、さらに一歩踏み込んだ医療活動に携わる機会を得られるかもしれません。まずは現地の医療スタッフといかにコミュニケーションを取り、良い人間関係を築けるかが大切になってくることでしょう。

ケニアで医療の海外インターンシップ中、プロジェクトアブロードが医療ワークショップを定期的に開催しています。医療の資格を持った現地のスーパーバイザーがこのワークショップを取り仕切っていますので、インターンシップ中に出てくるさまざまな質問を投げかける絶好の機会となるでしょう。この医療ワークショップで学習した現地の医療知識や医療スキルを実践で積極的に活かしていきましょう。

さらに社会奉仕活動の一環として、周辺の村や、田舎の地域、チャイルドケアセンターなどに直接出向き、医療サービスを提供する訪問医療活動に参加することができます。この訪問医療では、簡単な傷口の処置、HIVエイズ感染の検査、駆虫、栄養失調のモニタリング、高血圧の対応、 児童への経口ワクチンの投与、健康に関する教育活動などを通して、ヘルスケアの向上に貢献します。

ケニアでの医療の海外インターンシップの目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※ケニア政府より、ケニアで活動するにはボランティア許可証の取得が義務付けられています。ケニア到着後にプロジェクトアブロードの現地スタッフが申請手続きをサポートします。申請には現金15,000ケニアシリング(約150米ドル)が必要となり、1ヶ月ごとに更新する必要があります。4週間以上参加する場合はボランティア許可証の更新に毎月15,000ケニアシリングが必要となりますので、あらかじめご了承ください。

Kenya Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲