Projects AbroadProjects Abroad

ケニアで環境保護の海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: グレートリフトバレーにあるSoysambu自然保護区
  • 役割: 野生動物の調査・保護
  • 参加条件: なし
  • 主な研究対象: ロスチャイルドキリンをはじめとする野生動物
  • 活動地の環境: サバンナ
  • 滞在先: ボランティア寮
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

ケニアで貴重な野生動物の保護や自然保全に貢献する環境保護の海外ボランティア参加者を募集しています。

舞台は、東アフリカのサバンナ。見渡す限りに広がる雄大な自然、それは野生動物が本来の姿で生息する場所。しかし、今日では密猟者による魔の手が及ぶと同時に、住宅開発や商業開発も野生動物たちの生活に大きな影響を与えています。絶滅危惧種のロスチャイルドキリンをはじめ、ケニアの貴重な生物多様性を次の世代につなげるため、ボランティアの皆さんからの支援を必要としています。

ケニアでの環境保護の海外ボランティア活動は、年齢や経験を問わず、体力と熱意さえあれば短期の1週間以上から参加可能です。環境保護を通した国際協力に貢献したい、野生動物が好き、アウトドアが好き、忙しい都会生活から離れて大自然の中で有意義な時間を過ごしたい、アフリカのサバンナで人生観を変えたい!という高校生大学生社会人、定年を迎え時間にゆとりのあるシニア世代の皆さんにおすすめです。

東アフリカのケニアで環境保護の海外ボランティア 絶滅危惧種のロスチャイルドキリン活動拠点は、グレートリフトバレーにあるSoysambu自然保護区。その広さは48,000エーカーに及びます。現在世界で生息するロスチャイルドキリンの約5%が、このSoysambu自然保護区で命をつないでいます。

その他、鳥類はもちろん、バッファロー、ライオン、シマウマ、ウォーターバック、インパラ、ガゼル、エランド、ハイエナ、ヒョウ、カバをはじめとした貴重な哺乳類が生息。環境保護ボランティアたちは、この自然保護区に滞在しながら、これらの野生動物の調査と保護に貢献していきます。

ケニアの環境保護プロジェクトの知っておきたい10のポイントはこちら!

ケニアの環境保護プロジェクトの知っておきたい10のポイントはこちら!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ケニアで貴重なアフリカの野生動物を保護する国際ボランティア

ケニアで野生動物の調査を行う環境保護ボランティア

ケニアでの環境保護の海外ボランティアのねらいは、ここに生息する貴重な生物多様性を維持することにあります。その中でも、特に力を入れているのが、絶滅危惧種のロスチャイルドキリンの保護活動です。

環境保護ボランティアたちは、現地のキリン保護専門家と共に、以下のような実践的な環境保護活動に取り組んでいきます:

  • ロスチャイルドキリンをはじめとする野生動物の観察とモニタリング
  • 密猟者によって仕掛けられた罠の除去、壊された環境の整備
  • カメラトラップの設置、回収、記録
  • 溜め池づくり
  • 自然保護区内のメンテナンス
  • コミュニティ活動(自然に優しいエコストーブの設置、子供たちへの環境保護教育など)

環境保護ボランティアは、平日の月~金曜日の午前8~12時、午後2~5時頃まで活動に従事します。毎週のスケジュールと活動内容によっては時間が前後したり、週末にかけて継続的に活動に取り組んだりするする場合もありますので、臨機応変に対応しましょう。

ケニアで環境保護ボランティア中の滞在先は?

ケニアの地平線に沈みゆく夕日とサバンナ

ケニアで環境保護ボランティア中は、世界中から参加する多国籍な外国人ボランティアと共に、自然保護区内の専用ボランティア寮に滞在します。

大自然の中での生活はシンプルではありますが、そこには単なる観光旅行では得られない世界観が広がっています。同じ関心を持ったインターナショナルな仲間との出会い、一緒に囲む食卓、日々懸命に取り組む環境保護活動の一つひとつが、あなたの価値観に刺激を与え、人生における本当の豊かについて考えさせられることでしょう。

活動がお休みとなる週末は、仲間と共にナクルの町まで足を延ばし、町の散策を楽しんだり、必要なものがあれば買い出しに出かけたりすることが可能です。

ケニアでの環境保護の海外ボランティア活動は、少なくても4週間以上の参加が理想的ですが、短期の1週間以上から受け入れが可能です。ただし、長期間参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

ケニアでの環境保護の海外ボランティア活動の目的を含む詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Kenya Conservation Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲