Projects AbroadProjects Abroad

ケニアで子供のケアの海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ナニュキ
  • 活動先: デイケアセンター、学校、幼稚園、ストリートチルドレンのためのケアセンター、特別支援学校
  • 役割: 教育的な活動を展開したり、精神的なサポートを施したりして、ケアマネージメントプランに基づき活動し、目標達成に向けて努めること
  • ケア対象年齢: 3~18歳
  • ケア対象人数: 15~60人以上
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

東アフリカのケニアで、恵まれない子供たちのケアに貢献する海外ボランティア参加者を募集しています!

ケニアでの子供のケアの海外ボランティア活動参加にあたって、資格や経験は特に問われません。海外初心者、夏休みなどの学校の長期休暇中の高校生、就職前に海外経験を積みたい、あるいはアフリカでの国際協力に興味がある大学生、キャリアアップを目指して関連した分野の海外経験を得たい社会人、心と時間にゆとりがあるシニアの皆さんなど、年齢や経歴に関わらず、貢献できることが必ずあります。

もちろん、チャイルドケアに関連した資格や経験、海外ボランティア経験をお持ちの方の参加も歓迎されます。でも、プロジェクトアブロードが一番重要視するのは、ケニアの地域コミュニティの将来を背負う現地の子供たちの健やかな成長に協力したいという貢献心とやる気です!

ケニアでの子供のケアの海外ボランティアの活動拠点は、首都ナイロビから北東に200kmほど離れたナニュキという町。ナニュキには2つのスラム街があり、ストリートチルドレンの数も非常に多く、多くのボランティアの皆さんからの支援を必要としています。

東アフリカの中でも経済的発展を遂げているケニアではありますが、HIVエイズの流行が未だに多くの国民に多大なる影響を及ぼしています。新たにHIVエイズに感染する人の数は減ってきているものの、問題の完全な解決へはまだまだ時間がかかる模様。そのため、ケニアの子供たちの中には、片親、もしくは両親ともにHIVエイズ感染者ということもめずらしくありません。

これらさまざまな生い立ちの子供たちが通う児童養護施設や教育施設は、食事を提供してもらい、安心して過ごせる心の拠り所。仮にこれらの施設がなかったら、子供たちは道端で物乞いをしたり、食べるものを探してあてもなく歩き回ることになることもめずらしくありません。そんな状況に陥らないためにも、これらの施設の活動を支えるケアボランティアの皆さんの役割は非常に重要と言えます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ケニアでチャイルドケアを通した国際協力ボランティア

ケニアでチャイルドケア 子供たちと一緒に遊ぶ日本人ボランティア

ケニアでの子供のケアの海外ボランティア活動の派遣先は、デイケアセンター、保育園、幼稚園、学校、特別支援センターなどさまざま。その時に配属された派遣先の子供たちの状況にもよりますが、ケアボランティアの皆さんの役割は、まず現地で実際に働く職員と積極的にコミュニケーションを取り、サポートすることから始まります。そして、日頃目が行き届いていない子供たち一人ひとりに向き合い、ニーズをよく理解しながら対応する気配りが求められます。

基礎教育は、ケニアの子供たちにとって将来の選択肢を広げる重要な要素。プロジェクトアブロードのケアボランティア活動は、ケア対象が例え3歳の児童であっても、基礎教育を積極的に行い、健やかな発育が刺激されるように努めていきます。英語の読み書き、色や形の認識、数の数え方、歯磨きや手洗いなどの衛生指導、創造性を伸ばす図画工作、音楽を取り入れた楽しく学べるゲームなど、多岐に渡る活動。教材や遊具、本などが先進国ほど揃っていないケニアの教育施設でも、工夫次第でさまざまなケアや教育活動が可能となりますし、それゆえにケアボランティアの皆さんからの積極的なアイデアや提案が歓迎される環境です。

東アフリカのケニアの子供たちを支える海外ボランティア

アフリカのケニアで子供たちのケアに貢献する海外ボランティアケニアの子供たちの多くは、きちんとしたしつけや目的が明確な教育方針に慣れていないことがよくあります。そんな子供たちの基礎教育や宿題を含む日課を一対一でサポートするのは、時に根気を要することもあるでしょう。

またいくつかの派遣先では、精神あるいは身体に問題を抱えている子供たちもいて、彼らは日々の生活の中で特別な注意や助けを必要としています。

ケニアに現地オフィスを構えるプロジェクトアブロードでは、ケアボランティアの皆さんのために定期的にワークショップを行っています。このワークショップでは、異文化理解、現地で役立つスワヒリ語、チャイルドケア活動で活用できるアイデアの意見交換などが行われます。ぜひ、必要なアドバイスをもらったり、ケニアの教育システムに対してより理解を深めたり、世界中から参加している多国籍な外国人ボランティアと交流する場としてお役立てください。

東アフリカのケニアでの子供のケアの海外ボランティア活動は、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満の短期でも参加の受け入れが可能です。ただし、長期参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

ケニアでの子供のケアの海外ボランティア活動の目的などの詳細は、マネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※ケニア政府より、ケニアで活動するにはボランティア許可証の取得が義務付けられています。ケニア到着後にプロジェクトアブロードの現地スタッフが申請手続きをサポートします。申請には現金15,000ケニアシリング(約150米ドル)が必要となり、1ヶ月ごとに更新する必要があります。4週間以上参加する場合はボランティア許可証の更新に毎月15,000ケニアシリングが必要となりますので、あらかじめご了承ください。

Kenya Care Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲