You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ガーナでHIVエイズ問題に取り組む海外ボランティア

概要
  • 活動場所: アクラ
  • 活動先: 病院やアウトリーチ活動
  • 役割: 病院で患者たちをサポートし、地域コミュニティでアウトリーチ活動を行うこと
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

ガーナ、HIV/AIDSケアプロジェクトにてアウトリーチ活動をするプロジェクトアブロードボランティア

ガーナでHIVエイズに取り組む海外ボランティア参加者を募集しています。病院や地域に出向いてHIVエイズ患者をケアする医療専門家を支え、HIVエイズ感染の予防に努める国際協力。ボランティアのあなたにとって、この海外留学は西アフリカのガーナが抱えるヘルスケア問題への深い理解を得られる貴重な経験となるでしょう。

ガーナの人々の死因の多くがHIVエイズであることから、HIVエイズ感染はガーナ国内の公衆衛生を揺るがす脅威となっています。ボランティアとしてのあなたの役割は、ガーナに生きる人々のHIVエイズへの認識と正しい理解を促進し、感染の抑制を後押しすること。この国際ボランティア活動は、ガーナに存在するHIVエイズ感染者への偏見による差別を削減する意味でも重要です。

ガーナでボランティア中は、活動拠点のアクラ周辺に暮らすホストファミリーの家に滞在します。現地人ホストファミリーとの共同生活は、ガーナの文化や生活習慣を日常生活レベルで体験する貴重な経験となるでしょう。

自由時間となる週末は、五感を使ってガーナの魅力に迫る冒険へ。現地で出会ったインターナショナルな外国人ボランティア共に、アフリカを体験しに出かけよう!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ガーナでHIVエイズコントロールプログラムを通した国際協力

派遣先となる首都アクラにある病院では、以下のような部門で医療専門家のシャドウイングや補助に従事します:

カウンセリング
HIV検査を受ける前の患者へのカウンセリング

抗レトロウイルス療法
HIVエイズ感染者に対しての治療

母親から子への感染防止
出産前のHIVエイズに関する相談、症状の把握  
すでに感染している母親が、これから生まれる子供への感染予防

分析と検査をする部門
HIVエイズ感染のテストや分析をするラボでの研究、調査

ガーナでHIVエイズ感染予防を促す海外ボランティア

ガーナに暮らす多くの人々や子供たちは、HIVエイズについての知識が乏しく、HIVがどのように感染するか理解できていません。これは、HIVエイズ感染をさらに広げ、人々の健康を妨害する脅威。

インターンたちは地元の学校や地域各所に直接出向いてHIVエイズ教育を行い、人々のHIVエイズに対する正しい認識と理解を促進します。

また、ガーナではHIVエイズへの偏見が根強く、偏見を避けるためにHIVエイズに感染していることを伏せる傾向にあります。ボランティアたちは、人々のHIVエイズへの正しい理解と感染予防を教育し、HIVエイズにまつわる否定的なイメージの払しょくに貢献していきます。

ガーナでのHIVエイズ問題に取り組む海外ボランティアは、少なくても4週間以上の長期参加が理想的ですが、勉強目的で短期参加を希望する場合は2週間以上からの受け入れが可能です。ただし、長期参加のボランティアの皆さんの方が、より充実した経験を積める傾向にありますのであらかじめご了承ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲