You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

大学生の短期海外ボランティア ガーナで公衆衛生

概要
近日公開予定
  • 活動場所: ドドワ(首都アクラ郊外)
  • 活動先: 病院や地域コミュニティ内での医療アウトリーチ
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加条件: 大学生以上
  • 到着空港: アクラ(ACC)
  • 現地語: 英語、トゥイ語

日本人ボランティアがガーナで医療アウトリーチ活動を行っている様子

大学生以上の皆さん、世界各地から集まる多国籍な外国人ボランティアと共に、ガーナで公衆衛生の短期海外ボランティアプログラムに参加してみませんか?

大学生以上が参加対象のこの短期海外ボランティアの活動拠点は、首都アクラ郊外にあるドドワという田舎町。医療サービスがなかなか行き届いていないドドワに暮らす人々に無料で基礎医療サービスを提供し、地域社会の発展を健康面から貢献してきます。

この期間限定の公衆衛生の海外ボランティアプログラムは、特に医療、看護、ヘルスケア系科目を専攻中の大学生や、アフリカの発展途上国での地域型の国際医療支援に関心がある方におすすめです。

まずは、公衆衛生活動で必要となるさまざまなヘルスケアサービスの手法を学習することから!準備が整ったら、現地の医療専門家と共にドドワ周辺の村や学校、コミュニティセンターに出向きます。地元住民を対象に血圧や血糖値、身体測定をはじめとした基礎健康診断、小さな傷口の処置、スキンケアやマラリア検査を提供。また、公衆衛生ボランティアは、幼い子供を抱える保護者を対象に栄養管理や保健衛生、応急処置の指導にも取り組みます。こうして、人々が自分の健康状態をきちんと認識し、健康管理に対する関心を促進するよう努めていきます。

医療アウトリーチ活動 ガーナで活動中の公衆衛生ボランティア

ガーナで公衆衛生ボランティア中は、現地人ホストファミリーの家でホームステイをしながら現地に滞在。地域社会の一員としてのガーナ生活は、単なる観光旅行では得られない貴重な異文化体験となることでしょう。

日々のボランティア終了後の時間は、さまざまな交流イベントや異文化交流アクティビティがラインアップ!

ボランティア活動がお休みとなる週末は、同じプログラムに参加している外国人ボランティアと共に小旅行へ出かけます。世界遺産ケープコースト城を訪問したり、カクム国立公園を探検したりする予定ですので、お楽しみに!

友達に教える :

トップに戻る ▲