You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

大学生の短期海外ボランティア ガーナでケア&コミュニティ

概要
近日公開予定
  • 活動場所: ケープコースト
  • 活動先: ケアセンター
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加条件: 大学生以上
  • 到着空港: アクラ(ACC)
  • 現地語: 英語、トゥイ語

海外ボランティア ガーナでチャイルドケア

大学生以上でアフリカでの国際協力に関心がある皆さん、ガーナで貧困層の子供たちへのチャイルドケアや幼児教育を支援しながら、地域奉仕活動に貢献する2週間限定の海外ボランティア活動に挑戦してみませんか?世界各国から集まる多国籍な外国人ボランティアの仲間と共に!

ガーナでの短期海外ボランティアプログラム「大学生&カレッジスペシャル」は、特にアフリカへの渡航が初めてという方におすすめです。西アフリカに位置するガーナは発展途上にありながらも、英語圏である上に治安が良く、温かい国民性が魅力です。

活動拠点は、ケープコースト。ここに暮らす貧困をはじめとしたさまざまな状況下にある子供たちへのチャイルドケアや幼児教育に取り組み、健やかな成長を促します。

午前中は、主に派遣先のケアセンターで子供たちへのチャイルドケアに貢献。読み書き指導や基礎英語教育、屋外での運動、図画工作、グループアクティビティ、保健衛生教育指導などを通して、子供たちが必要とするざまなスキルを教育。これらすべてのアクティビティは、プロジェクトアブロードのケアマネジメントプランの指針に沿い、発育初期段階にある子供たちの健やかな発育に長期的に効果を挙げることに力を注ぎます。

海外ボランティア ガーナの児童たち

午後は、主に地域奉仕活動に協力。地域コミュニティ内の建物の修繕や庭の手入れなどに実践力として取り組みます。

また、プロジェクトアブロード始動の「Soccer Pitch Reading」にも携わることができます。この現地のサッカークラブで行われている活動は、本の読み聞かせによって子供たちの読み書き能力向上を目指す取り組みです。

ガーナでのボランティア動中は、ガーナ人ホストファミリーの家でホームステイをしながら現地に滞在!現地人ホストファミリーとの一つ屋根の下生活は、ガーナ流アフリカ文化を学ぶ貴重な異文化体験となることでしょう。

日々のボランティア活動終了後の時間は、さまざまな交流イベントや異文化体験アクティビティがラインアップ!

活動がお休みとなる週末は、参加者全員で小旅行に繰り出します。サファリビーチや歴史ある奴隷要塞を訪問したり、Kakum国立公園の林冠歩道を歩いたりして、ガーナの文化と歴史をたくさん吸収して帰国しよう!

友達に教える :

トップに戻る ▲