You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

エチオピア到着案内

その他の情報
参加費用に含まれるもの サポート体制 開始日は自由 組み合わせ 到着案内
  • 到着空港: アジスアベバ空港(ADD)

エチオピアの人々

アジスアベバ空港に到着する便は夜遅くまたは朝早い便が多いですので、標高2400mのアジスアベバは冷え込むことが予想されます。すぐに羽織れる上着を持参することをお勧めします。プロジェクトアブロードのスタッフは到着ゲートのところでお待ちしていますので、荷物を受け取り到着ゲートまで進んでください。

夜遅い便で到着された場合は、タクシーでホームステイ先までお送りしますので、温かいシャワーを浴びてその日はゆっくりとそのままお休みください。翌朝、再びスタッフがお迎えにあがり、エチオピアの文化やアジスアベバについてご紹介し、エチオピアの伝統的料理を一緒に味わいましょう。

早朝に到着する便を利用された場合は、一度近くのホテルで数時間休息をとっていただき、その後スタッフが再びお迎えに伺い、そのままプロジェクトアブロードのオフィスへ行って他のスタッフをご紹介します。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

オリエンテーション

アフリカ、エチオピア、アディスアベバの学校の外にて、子供とボランティアたち

食事が済んだら、オフィスの周辺を回り、郵便局、銀行、両替所の場所を確認したり、目印となる建物などについてお伝えしたりします。現地スタッフはエチオピアについてよりよく知ってもらいたい気持ちが強いですので、時間があれば博物館にお連れしたりエチオピア社会についてお伝えしたりすることもあるかもしれません。

全てが終わりますと、ホームステイ先へとお連れします。ホストファミリーとしてボランティアのみなさんを受け入れてくださっているご家族はみな中流階級の方たちで、通常1階建ての平屋の家を持っています。ホームステイ先に着くとおそらくエチオピアの伝統的なコーヒーを入れて歓迎してくれるのではないかと思います。エチオピアコーヒーは香り高いことでも有名で、コーヒー好きの方はきっと気に入ることでしょう。

エチオピアの食卓には肉料理、特に牛肉、鶏肉を使った少しスパイシーな“Wot” と呼ばれるシチューが並びます。エチオピアのご家庭で、エチオピアの伝統的な料理を堪能してください。

翌日、いよいよ活動先へとご案内します。多くの場合は活動先はホームステイ先から近いところにありますが、中には公共の交通手段を使って通う人もいます。いずれにしても、活動先までの行き方と目印となる建物について現地スタッフがご説明しますので、慣れるまでは大変かもしれませんがメモをとるなどして覚えるようにしましょう。

エチオピア料理を食べるプロジェクトアブロードボランティアたち

青と白に塗られたミニバスは公共のタクシーで、エチオピアでは最も広く利用されている交通手段です。アジスアベバ内どこへでもこれを使って移動できます。降りたいポイントで降ろしてもらえるのでとても便利です。降りる際には手を挙げて“waraj!”と叫びましょう。”止まれ!“という意味です。

エチオピアの人々はみなとてもフレンドリーで、外国人にも興味津々ですので、きっと滞在中は大勢の人にコーヒーを勧められることになるでしょう。

スタッフ ニュースレター

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。