You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

中米ベリーズ到着案内

その他の情報
参加費用に含まれるもの サポート体制 開始日は自由 組み合わせ 到着案内
  • 到着空港: 環境保護プロジェクト-プラセンシア空港(PLJ)、その他すべてのプロジェクト-サン・ペドロ空港(SPR)

ベリーズに滞在中のボランティアたちが、ビーチを訪れた時の様子

海外からベリーズへフライトで入国する場合、通常どの国際線も一度ベリーズシティ国際空港(BZE)に到着します。ベリーズシティ国際空港(BZE)にご到着後、イミグレーションを通過してパスポートに滞在許可のスタンプをもらい、預けた荷物を一度ピックアップします。そこからプロジェクトアブロード指定の現地指定到着空港へ向かう国内線に乗り継ぐため、ベリーズシティ国際空港(BZE)にて再度荷物をチェックインします。

環境保護プロジェクト以外のプロジェクトに参加する方は、ベリーズシティ国際空港(BZE)にて、プロジェクトアブロードの現地指定到着空港であるサン・ペドロ空港(SPR)への国内線に乗り換えます。飛行時間は約20分の短時間です。

環境保護プロジェクト参加の場合は、ベリーズシティ国際空港(BZE)にて、プロジェクトアブロードの現地指定到着空港であるプラセンシア空港(PLJ)への国内線に乗り換えます。飛行時間は約45分です。また、ベリーズシティ国際空港(BZE)からシャトルバスにてプラセンシア空港(PLJ)へ向かうことも可能です。その場合の乗車時間は約4時間です。

各現地指定到着空港では、プロジェクトアブロードのスタッフがA4サイズの「Projects Abroad」と書かれたサインを持ってお待ちしています。ご到着時間によって異なりますが、空港でお迎えのスタッフとご合流後、軽食へまたは滞在先へお連れします。その後スタッフが食事や滞在先についてと今後数日間のスケジュールをご案内します。その際には、ベリーズ滞在についての大事な情報や緊急連絡先をご案内するオリエンテーションフォルダーが渡されます。すべてが完了しましたら、その日は荷解きや旅の疲れを癒すためにゆっくりおくつろぎください。

オリエンテーション

ベリーズで現地生活 地元のパレード

各現地指定到着空港へのご到着時間によって異なりますが、オリエンテーションは現地ご到着日、または翌平日に行われます。

オリエンテーション当日はプロジェクトアブロードスタッフが宿泊先にお迎えに上がり、街をご案内します。この間、商店や代表する建物、郵便局、銀行、両替所などをご案内します。ご希望であれば、もちろんその際に現地のSIM カードや携帯電話をご購入可能です。また、他のボランティアと対面する機会もあります。

オリエンテーション中、プロジェクトアブロードのスタッフが宿泊先-活動先間の交通手段を説明します。もし活動先が宿泊先から徒歩圏内の場合は、その徒歩ルートをご案内します。もし徒歩圏外の場合は、公共交通の使い方の説明しますのでご安心ください。活動参加のための交通費はプロジェクトアブロードによって負担されます。また、オリエンテーション中に安全面のご案内やその他必要事項の説明があります。

各現地指定到着空港へのご到着が週末の場合、オリエンテーションは翌平日の月曜日になります。これは、現地の銀行や郵便局は週末はお休みとなり、両替所も土曜の午後及び日曜はお休みとなるためです。週末や祝日の自由時間を利用して、友達になったボランティアの仲間とベリーズのジャングルや洞窟の探検、うつくしいビーチでくつろいだり釣り、シュノーケル、ダイビングをご堪能ください。また、現地の人々と積極的に交流を図り、異文化交流を楽しみましょう。

スタッフ

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。