You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

【高校生スペシャル活動報告書】

世界中から集まった高校生のボランティア


氏名 小林 結夏
参加期間 2016年12月10日~12月24日(2週間)
活動国 カンボジア プロジェクト ケア&コミュニティ
海外へ行こうと思ったきっかけ
日本とは全く異なる環境に自分を置くことで視野を広げてもっと世界のことを知りたいと思ったのがきっかけです。
このプロジェクトを選択した理由
昨年参加した模擬国連というもので子供兵の現状を知り、それ以来恵まれないこどもたちを助けたいと思っていたので現地の子供たちとたくさん触れ合うことができるケア&ボランティアを選びました。
渡航前の気持ち
私は社交的なほうではないので他のボランティアのみんなと仲良くなれるかが心配だったのですが、新しい出会いやかわいいこどもたちと会えるのが本当に待ち遠しかったです。

世界中から集まった高校生のボランティア

現地での実際の活動内容
滞在していたホテルからバスで一時間ほどかけて学校に行きました。学校には3歳から5歳くらいのこどもたちに簡単な英語を教えたり、パズルを一緒にしたりしました。あとは日本から折り紙を持ってきていたので、折り紙を教えました。とにかくこどもたちは元気で人懐っこくて本当にかわいらしくてたくさんパワーをもらいました。また外仕事もしました。壁にペンキを塗ったり、アロエを植えたり、遊具をきれいにしました。炎天下のなか大変でしたがすごくやりがいがありました。
現地での生活の様子(滞在先、食事、洗濯、ホストファミリーやルームメイトなど)
滞在先のホテルはとても過ごしやすかったです。トイレもシャワーもきれいで毎日ホテルのスタッフが部屋を掃除してくれました。私は3人部屋でオーストラリア人とイギリス人と同じでした。二人ともフレンドリーで仲良くなることができました。朝食と夕食はほとんどホテルのバイキングでした。昼食は活動先の近くにあるプロジェクトアブロードの施設でとりました。お米と炒め物が主な料理でした。あまり辛くなかったため日本人の口にはあう味だと思います。水道水は飲めないのですが、常にきれいな水が常備されていたので飲料水に困ることがありませんでした。洗濯はランドリーのお店があったので何日かに一度たまった洗濯物を出していました。靴下などの小さいものは手洗いしましたが、安かったので大きいズボンなどは出しました。
一番印象に残っている出来事
活動先でもたくさんのことを吸収しましたが、一番衝撃的だったことは約40年前に起こった大虐殺のときの収容所S-21に行ったことです。この虐殺があったことでカンボジアの現状があるんだと実感しました。もう歴史を2度と繰り返してほしくない、恵まれないこどもたちを増やさないでほしいと強く思いました。
大変だったこと、苦労した点
充実した毎日で本当に最高な経験でしたが、ホームシックになることもありました。でもカンボジアにきて日本を離れることで日本のすばらしさを改めて感じました。衛生面や交通の整備など日本は本当に充実していることを実感することができました。
また、子供たちは英語がほとんど通じずクメール語で話すため、コミュニケーションをとるのが難しかったです。渡行前に少しでもクメール語を勉強すればよかったなと思いました。

世界中から集まった高校生のボランティア

プロジェクトを通して学んだことや成長したと思う点、またそれを今後どう活かしたいか
今回の体験を通して発展途上国を身近に感じることで自分の視野を広げることができました。当たり前のことが当たり前じゃないんだと実感しました。トイレの清潔さや水道水の衛生状態の良さは世界的には当たり前ではないことに気づかされました。これからはグローバル化が進んで様々な国からの人と触れ合う機会が多くなると思うので今回の経験を活かしつつ視野をもっと広げて国際理解を深めたいと思います。また、路上にはだしで歩くホームレスがいる反面ショッピングモールで買い物する人をみてカンボジアの経済格差を痛感しました。活動先の学校に通っているこどもたちは比較的余裕のある家だったのですが、今度は学校すら通うことができない子供たちをサポートしたいと強く思いました。
全体の感想
このプロジェクトは活動している日もしていない日もたくさんのことを吸収してたくさん学べる貴重な経験でした。この体験でできた思い出や友達は一生忘れることができないくらい私にとって大切なものとなりました。本当に行ってよかったと思います。
これから参加する人へのメッセージ
自分に自信がなかったり不安なこともあったりすると思いますが、思い切って普段自分がやらないことに挑戦するいい機会だと思います。私は社交的なほうではないのですが、自分からほかのボランティアに話しかける努力を心がけました。自分のコンフォートゾーンからでると絶対何か成長できると思います!

小林 結夏 - カンボジア 高校生ケア&コミュニティ  

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。