You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

サーフィンコーチとして海外ボランティア

概要
発展途上国で、サーフィンを教えよう
  • 役割: 現地の子供たちにサーフィンを教え、水の事故を防ぐために大切なことを伝えること
  • 条件: 特になし、ただし泳げること
活動情報

サーフィンは世界的にもよく知られたスポーツですが、多くの国では道具を揃えるのが簡単ではないという理由で、限られた国の人々しかできないという印象もあります。プロジェクトアブロードが開発途上国で運営するサーフィンプロジェクトは、育ちや経済的事情に関係なく誰もがサーフィンをすることができることを目的として、現在の状況を変えようとしています。これを実現するためには海に対して情熱をもった新しいスキルを身につけながら、子供たちと一緒に活動できるボランティアの存在が不可欠です。

ギャップイヤー中の学生や休職中の社会人、また休暇の過ごし方を探しているサーフィン好きの人であれば誰でも参加可能です。過去にサーフィンコーチの経験は不要で、プロジェクト中にそういったスキルは身に付いていきますが、泳ぎが得意であることは必須条件です。

発展途上国ではほとんどの子供たちが、海の近くに住んでいたとしても泳ぎを習った経験がありません。海外でのサーフィンコーチとしての活動では、サーフィンを教えるだけでなく、子供たちに海で安全な場所で泳ぎ方を教えることも大切です。

この活動を通して、現地の子供たちとビーチで過ごしながら、彼らに少しずつ新しい技術を教えていくことになります。何よりも楽しんでもらうこととサーフィンのスキルを身に付けることが目標で、子供たちにこうしたサポートを提供できるボランティアは、貧困地域に住む人々の生活リズムを変え、子供たちが趣味や熱中するものを見つけられることで、犯罪率を低下させることにも貢献することができます。

サーフィン プロジェクトの活動国一覧:

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。