You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

長期海外ボランティア・インターンシップ

ガーナで旅行中の日本人男性

プロジェクトアブロードの海外ボランティア海外インターンシップは、参加者自身で自由に活動期間を決めることができるため、長期で活動したい方には最適です。活動国のビザ事情などによって活動期間の上限は多少変わってきますが、6ヶ月を超える長期参加が可能な国もたくさんあります。これまでも1年間参加した長期ボランティアもいれば、複数のプロジェクトや活動国を組み合わせて半年以上活動したボランティアや、最初に語学留学をし、そのあと実践的なインターンシップに参加した方など様々な方がいます。プロジェクトアブロードでは基本的に、活動国や活動内容を問わず、すべてのプロジェクトで長期間で参加することが可能です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

長期で海外ボランティア・インターンシップに参加することのメリット

もちろん長期で参加すればするほど、現地にも溶け込み、生活にも慣れてくることから、ボランティアやインターンシップ活動にもより深く関わることができますし、現地スタッフからの信頼も増すため、活動地での貢献度も高まるでしょう。近年では一年間休学して長期で参加する日本人も少しずつ増えてきていますし、海外からの参加者は日本人と比べても長期参加者の割合が多いので、共に活動する仲間との絆もより深まることは間違いありません。

12週間以上活動する場合は、12週間につき2週間の休暇を取る権利がありますので、2週間活動先に休みの許可をもらった上で、国内や周辺諸国を旅行することもできます。

特にインターンシップに関しては、長期での参加が必須条件のものもあり、またより深い学びを得たいのであれば、インターンシップの種類を問わず長期参加をおすすめします。長く活動することによって、短期的には見えない活動地の変化や効果、また関わる子供や地域の人々の成長などもじわじわと体感できることがあります。すっかり現地の生活に溶け込み、日本帰国後の生活に馴染めるかが逆に不安になるなんて声も稀に聞きますが、長期間にわたって外国で生活した経験はその後の人生の中できっと活かされる時が来るでしょう。

長期ボランティア・インターンシップの費用・準備期間

12週間より長く活動される場合の参加費用ですが、参加費用に記載された12週間の金額に「追加1週間」の金額を追加される期間分だけ足して計算してください。(例)20週間活動したい場合は、12週間の参加費用+「追加1週間」8週間分となります。

長期希望の場合、活動国によってはビザの準備等で準備期間が通常よりも長くかかることがありますので、まずはスタッフまでお気軽にご相談ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。