You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ネパールでの大地震復興支援プロジェクトを通して、ボランティアが合計96の教室を建設!

ネパール大地震復興支援プロジェクトを通して、ボランティアが合計 96 の教室の建設に成功。このプロジェクトは、 2015 4 月の大地震によって被災した人々をサポートするために始動したプロジェクトです。

ネパール大地震復興支援活動 グループ写真

2015年4月と5月にネパールを襲った大地震。その直後の同年6月、プロジェクトアブロードはネパール大地震復興支援プロジェクトを立ち上げました。プロジェクトが始動してからたった20ヶ月の間で、ボランティアたちは、被災した子供たちのために教室を再建するというプロジェクトアブロードが掲げた目標達成を果たしました。現地の9の学校にて96の教室が建設され、2,000人以上の子供たちが再び学校で学べるようになったのです。

この大地震によって被害を受けたSunrise SchoolのSurendra Maharjan校長先生は、教室建設の過程を見てきた生徒たちの様子をこう述べました。「子供たちに笑顔が溢れています。安全な環境で学校教育を再開できて、私自身本当に感謝の気持ちでいっぱいです。もしまた地震がこのコミュニティを襲ったとしても、人々はここに居続けられます」

2015年4月25日にネパールを襲った激震。その後何週間も続いた余震は、国中の学校、ビジネス、道路、インフラに大打撃を与えました。この大震災によって学校が破壊された後、Maharjan校長と教師たちは学校教育を中断せざるを得ませんでした。「学校の壁に多くのヒビが入り、授業を安全に行える環境ではなくなってしまいました。震災によって生徒二人が負傷。学校は4週間も閉鎖され、真夏の暑い中、ビニールシートの下で授業を行わなければなりませんでした。水は不足し、トイレもない状況でした」

ネパールの学校再建に貢献する大地震復興支援ボランティア

プロジェクトアブロードのボランティアが最初にネパール入りしたのは2015年6月。到着早々、現地のエンジニア、設計士、スタッフと共に再建に着手しました。ジンバブエ人ボランティアTakudzwa Chipamaungaさんは、「カトマンズのLalitpurで、現地の人々のために一ヶ月間学校建設に協力しました。学校の基礎となる土台造りのために溝を掘ったり、セメントとコンクリ-トを混ぜて敷き詰める作業、レンガを積み上げる作業などの建設作業に携わりました」と活動を振り返りました。

現地の生徒たちへの学校教育がこれ以上滞らないようにすることを目標に、ボランティアはすべての建設工程を手作業で行いました。プロジェクトアブロードのHead Office CoordinatorであるGeorgiana Poparadは、「騒音を出す重機は授業の妨げとなるため、現場で使うことができませんでした。ボランティアは、土台の溝堀り、レンガの積み上げ、左官工事、塗装、整地、セメントとコンクリートの混合のすべてを行ったんです」と説明します。

ネパール大地震復興支援プロジェクトが始動して以来、日本を含むアジア、北米、南太平洋、ヨーロッパ、アフリカから500人以上のボランティアたちが駆けつけ、手を差し伸べてくれました。目標を達成し、現地での状況が改善された今、ネパール大地震復興支援プロジェクトは無事完了。現在ネパールでは、建築プロジェクトとして2015年6月以来の努力を継続しています。被災したネパールでの建築活動はなかなか一筋縄で行かないことも多いですが、建築プロジェクトでは今後もネパール国内に存在する学校や教室の需要に対応していきます。

ネパール大地震復興支援プロジェクト 教室の完成

Georgianaは、今後について、意気込みをこのように語りました「プロジェクトアブロードのボランティアやスタッフの貢献がなかったら、被災した学校の再建は数年、いや何十年を要したでしょう。プロジェクトアブロードは、ネパールでこれまで何年も活動を行っています。私たちが行うプロジェクトは、常に現地の地域コミュニティのニーズを的確に捉え、しっかりとしたサポート体制を築いた上で実践してきました。大地震復興支援プロジェクトは完了を迎えましたが、新しい建築プロジェクトを通して、引き続き被災したネパールの人たちにあらゆる形で必要とされているサポートを提供していきます」

プロジェクトアブロードのボランティアと現地の人々によって立て直された耐久性と安全が確保された環境は、Sunrise Schoolの205人の生徒たちの学校教育再開に貢献しました。「この大変な時期に、Sunrise Schoolに手を差し伸べてくれたすべてのプロジェクトアブロードのボランティアの皆さんに心から感謝しています。言葉では感謝の気持ちを伝えきれません。学校建設を完了するため、炎天下にも雨にもめげずに一生懸命取り組んでくれました皆さんの貢献は、一生忘れません(Maharjan校長先生)」

ネパールの建築プロジェクトの詳細を読んで、どのように貢献できるか知ってみませんか?

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。