You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

高校生ボランティアが、海外で「違い」を生み出す夏!

2017年7月だけで、世界中から合計1,560人もの高校生が集結!夏休みを利用して高校生スペシャルプログラムに参加し、海外ボランティアという旅路へ。これだけ大勢の高校生ボランティアからの協力は、目標達成への前進を後押しするだけでなく、貢献の成果がすでに結果に表れるといううれしいニュースが飛び込んでいます!

西アフリカのセネガルで海外ボランティア活動に参加中の高校生ボランティアたち

高校生スペシャル夏の陣が始まる6月~8月は、一年の中でも最も海外ボランティア活動に参加する人数が多い時期。

高校生スペシャルは、夏休みを有効利用して海外で価値ある国際協力に貢献したい高校生のための短期海外ボランティアプログラムです。短期間でも長期的な「違い」をもたらすようデザインされたこの高校生スぺシャルでは、各グループに具体的な具体的な使命が与えられます。「短期間でありながらも、高校生ボランティア全体としての努力は、非常に大きな違いを生み出すことができます」とプロジェクトアブロードのプログラム開発代表Jenny Puyoは言います。

今年の高校生スペシャルに参加した高校生ボランティアたちの貢献は、現地の地域コミュニティですでに表れ始めています。

カンボジアで海外ボランティア活動 Coral Watchデータベースに提供する海洋データを収集する高校生ボランティア

カンボジアの高校生スペシャル環境保護&コミュニティでは、活動開始から一週間以内に参加者全員が無事PADIダイビング資格を取得。ダイビング調査によって収集した海洋データを、現地の海洋生物をモニタリングしている提携団体のCoral Watchデータベースに提供しています。

インド出身の高校生ボランティアAnanya Shankarさんは、「実際に海に潜って収集したデータを、関連団体に提供しています。分析されたデータは、どのエリアのどの種の保護が必要かの洗い出に役立てられます。その他にも、タツノオトシゴの生態調査、珊瑚礁の状態の確認、ゴミの収集など、さまざまな活動を行っています」と語ります。「私自身も日々の生活を通してゴミを排出しているので、環境保護活動を通しての貢献は自分の責任だと思っていますし、やっていて気持ちが良いです!」

東アフリカのケニアで医療アウトリーチ活動に貢献する高校生ボランティアたち

ケニアの高校生スペシャル医療に参加した高校生ボランティアたちは、活動の一環として、医療アウトリーチ活動に参加。現地で暮らす人々の血圧や血糖値、BMIなどの基礎健康診断を行っています。プロジェクトアブロードのケニアオフィス代表Caroline Mungaiは、ボランティア活動の重要性をこう説明します。「現在進行中の看護師たちのストライキの影響で、医療アウトリーチ活動は普段より多くの患者たちに対応しなければなりませんでした。高校生ボランティアの存在は、無料の医療サービス提供において大きな助けとなりました」

ネパールで高校生スペシャルケア&コミュニティに参加した高校生たちは、カトマンズ渓谷の学校でのペンキ塗りの作業を無事完了。教室に新たな塗装を施し、壁はきれいに装飾されています。「2017年1月以来、さまざまな高校生スペシャルのグループが活動に携わり、机、椅子、ドア、窓、壁が備わった合計40の教室を完成させました」とプロジェクトアブロードのネパールオフィス代表Navin Amatyaは振り返ります。これらの取り組みは、ネパールの子供たちの学習環境を改善し、装飾された壁は学習の一環として役立つだけでなく、ケアマネジメントプランで定められている読み書き能力や基礎計算能力向上への目標達成に貢献します。

高校生スペシャル ネパールでチャイルドケア&コミュニティ 高校生ボランティアが塗装した保健衛生指導用の壁

高校生スペシャルは、短期限定の海外ボランティア活動である分、高校生ボランティアたちは集中して活動に取り組み、帰国後も活動先で長期的に利用されるような教材を作成するよう工夫しています。「高校生ボランティアによって描かれた壁画は、今後参加するボランティアが現地の子供たちに教育活動を行う際に利用されます。また、今回高校生ボランティアが設置した農園は、将来参加するボランティアが現地の人々に栄養管理と健康的な生活習慣を促進する際に役立ちます。その他にも、この夏高校生ボランティアが建設した水道は、将来参加するボランティアが現地の子供たちに手洗いなどの衛生指導をする際に使われます」とPuyoは言います。「要するに、高校生スペシャルに参加した高校生たちは、今後の活動に必要となる環境整備に大きな貢献をしてくれたんです」

2016年、高校生スペシャルプログラムに参加した高校生ボランティアたちの貢献は、建設した教室数合計50、塗装を施した教育施設の壁合計50、樹林1,500本、回収したゴミの総量290kg、145回の医療アウトリーチ活動から恩恵を受けた現地人の人数合計8,000人にのぼります。高校生ボランティアの2016年の功績を振り返りながら、今年はさらなる貢献を期待しています。「今年は、昨年より多くの高校生たちが海外ボランティアの旅路に向かっています。昨年の功績を上回る大きな貢献を果たしてくれることを期待しています!」とPuyoは語ります。

8月末まで実施されている高校生スペシャルプログラムは、現在もお申込みが可能です。国際的なボランティアネットワークの一員として、支援を必要としている地域コミュニティや環境に持続可能な良い影響を与える活動に貢献してみませんか?この夏、プロジェクトアブロードと一緒に!

高校生のための夏休み限定短期海外ボランティアプログラム高校生スペシャルの詳細を読んで、自分が世界でどのように貢献できるか考えてみよう!

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。