You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

環境保護ボランティアが、ベリーズの海洋生態系を乱すミノカサゴ抑制への国際的な取り組みに協力!

中米ベリーズのプラセンシア近郊のマリンパークで行われている 海洋環境保護活動 。ボランティアとスタッフが、2016年11月~2017年7月までの間にダイビングを通して捕獲したミノカサゴの数は、合計1,000匹以上。外来種ミノカサゴの除去は、貴重な固有種である海洋生物を保護するための国際的な取り組みの一環です。

ベリーズでダイビングを通した海洋環境保護ボランティア活動 ミノカサゴの測定2008年頃からベリーズ周辺の海で生息が確認されている外来種ミノカサゴ。元々はインド洋から西大西洋周辺に生息する魚であり、カリブ海の珊瑚礁保護区には帰属しない魚です。捕食者であるミノカサゴは、珊瑚礁を住みかとするベリーズ固有種の魚を驚くべき速さで食べあさっています。「本来、ベリーズの海に固有の捕食種は存在しません」とプロジェクトアブロードのベリーズオフィス代表Kristin Marinは説明します。「最近では、ウナギ、ハタ、サメなどがミノカサゴを食べている姿が目撃されています。でも、サメがミノカサゴを食ベる前に、私たちがまずミノカサゴを槍で突く必要があるんです」

除去を通した環境保護

ミノカサゴの脅威は、そのすさまじい食欲だけに留まりません。ミノカサゴの驚異的な繁殖率も心配の種の一つで、メスのミノカサゴは毎年何百万もの産卵を行います。「メスのミノカサゴは、三日ごとに5万個の卵を産みます。環境保護ボランティアたちは1,000匹のミノカサゴの除去に成功しましたが、一匹のミノカサゴが産んだすべての卵を取り除くには、相当な時間を要します」とKristinは言います。

ベリーズで環境保護活動に半年間参加し、2016年11月上旬からミノカサゴの除去に携わってきたイギリス人ボランティアSusannah Jonesさんは、「除去」という環境保護の手法は、そんなに珍しいことではないと言います。「例え対象が何だとして、殺して始末することは個人的に気が引けます。でも、世界中で合計200回以上のダイビング経験がありますが、実際に海の中でミノカサゴを目撃しましたし、ミノカサゴが引き起こす問題の深刻さも理解しています」とSusannahさんは言います。「ミノカサゴの除去が、環境保護に不可欠なことも納得できます」

食用にするという発想

ベリーズで海洋環境保護活動 ダイビングをしながらの海洋調査に貢献するボランティア

ベリーズ活動中の環境保護ボランティアたちは、手首にくくり付けて使用できる槍の使い方と魚の突き方を現地スタッフから学びました。とは言っても、槍で突いて捕獲したミノカサゴを無駄にはしません。ボランティアたちは、捕獲したミノカサゴを海中でリサイクルした5ガロンの容器に入れ、陸に戻った後、毒針を慎重に取り除き、食用として扱います。

活動の長期的な目標は、ミノカサゴの数を抑制することです。環境保護ボランティアたちは、目標達成に向かって地域コミュニティ内でのアウトリーチ活動にも取り組んでいます。「地元の人たちがミノカサゴを食べるようになり、食用ミノカサゴへの需要が高まり、より多くの漁師たちが大規模でミノカサゴを捕獲するようになればと思っています」とKristinは語ります。「白身は柔らかく、美味しいです!セビチェなどのマリネ、または焼き魚にしてライムを搾って食べるのがおすすめです」

ミノカサゴから取り除かれたトゲは、地元のマーケットで販売されています。「一部の地元の人々は、ミノカサゴのトゲを使ってアクセサリーを作っています。これらは、アートや工芸品などを扱う小さな商店で購入が可能です。私もミノカサゴのトゲでできたネックレスを持っています」とSusannahさんは言います。

国際的な取り組み

ベリーズで海洋環境保護活動 ダイビングをしながらミノカサゴの除去に協力するボランティア

ミノカサゴはベリーズ海域だけの問題でなく、バハマ、メキシコ湾、大西洋岸沿いでも問題となっています。現在では、イタリアの海域でも目撃され、さらなる対策が必要となっています。

Susannahさんは、ミノカサゴの制御はもちろん、珊瑚礁の保護における環境保護ボランティアの必要性を訴えています。「珊瑚礁は非常に重要で、ただ見た目が美しいだけじゃないんです。珊瑚礁は、地球環境を支える上で重要な役割を果たしているんです」

ベリーズでの海洋環境保護活動の詳細を読んで、自分がどのように貢献できるか知ってみませんか?プロジェクトアブロードは、中米ベリーズ以外にも世界中でさまざまな環境保護活動を行っています。 

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。