You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ボランティアがタンザニアで教師のための宿泊施設を建設!

村落開発プロジェクト タンザニアで建築活動に貢献するボランティア

タンザニアで村落開発プロジェクトに参加しているボランティアとスタッフが、Esere村の小学校教師たちのために住居建設に挑みました。さまざまな苦労や複雑な建設過程を乗り越えて、2016年9月29日に行われたセレモニーでは、現地の教師たちに住居の鍵が渡されました!

Esere村は、美しいNgorongro保護地区の中心部に位置し、都心から離れた田舎に位置します。そんなEsere村で育つマサイの子供たちにとって、現地の小学校は彼らへの教育とサポートの柱となっています。

Esere村では質の高い小学校教育の提供が優先事項ですが、近年教師数が減少しており、それがコミュニティの心配の種となっていました。プロジェクトアブロードのタンザニアのカントリーダイレクターGlory Matoiは、資格のある教師の高い辞職率は残されたスタッフに大きな負担を与え、コミュニティ内での子供たちへの教育に深刻な影響を及ぼしていると現状を分析し、「若い教師たちは、一番近い町へもほぼ2時間もかかるEsere村には住みたがりません。現代的な施設や住居の不足は、高い辞職率の大きな要因となっています。」とコメントしました。

「教師不足解消のため、教師たちが満足できる居住空間を提供するために協力してほしいと現地コミュニティから相談を受けました。彼らに現代的な居住空間を提供することで、この地域に留りたいと思うようになってほしいという問題を根底から解決する考えでした。また、できれば資格のある教師たちをさらに惹き付けたいと思っています。(カントリーダイレクターGlory)」

タンザニアでボランティア Esere村の教師のための居住施設完成の様子

プロジェクトアブロードが現地コミュニティから相談を受けた後、早速教師たちの居住空間建設するための取り組みと資金集めが始まりました。村落開発プロジェクトのボランティアと現地スタッフは建設作業に着手し、教育プロジェクトに参加していたボランティアなど、タンザニアで他のプロジェクトに参加していたボランティアたちも空いている時間を利用して協力してくれました。

「建設が無事完了し、みんなで喜びを分かち合っています。この地域の若い世代の知能形成を行える教育者たちに、現代的で快適、かつ満足のいく居住空間を提供することができ誇りに思います。(カントリーダイレクターGlory)」

 タンザニアのEsere村 村落開発ボランティア 現地教師のための住居建設に貢献!

Esere村は、建設の開始から完了までサポートしてくれたボランティアやスタッフ、現地の人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。居住施設に携わったすべての人々が、疲れも見せずに日々力を貸してくれました。彼らの貢献は、現地コミュニティとマサイの子供たちへの教育に今後も大きな影響を与え続けてくれるでしょう。プロジェクトアブロードは、今後この地域でのプロジェクトをさらに成長させ、持続可能な質の高い教育提供をサポートし続けたいと思っています。

タンザニアの村落開発プロジェクトをもっと知ってみよう!

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。