You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

国際的医療NGOや地元機関とパートナーシップを組み、イタリアでの難民や移民の支援活動を行うことを決断

ヨーロッパでは、難民や移民問題に直面しています。自分自身や家族のより良い生活を求めて、アフリカや中東、アジアからの何万人もの難民が何千キロもの危険地帯を横断し、過酷な地中海での状況下も乗り切ろうとします。多くは目的地に辿り着く道中で息絶え、残念ながら、ヨーロッパの海岸線到着まであと一歩ということもしばしばある現状です。

無事に目的地に到着したとしても、ほとんどの場合はその苦労がそこで終わるわけではありません。政府機関やインフラ社会基盤は、助けを求めて押し寄せてくる難民・移民の対応に追いつけずにいます。そのため、日々ヨーロッパに辿り着く何千人もの難民や移民の援助は、個人や私機関に委ねられている状態です。

プロジェクトアブロードは、途上国に暮らす人々やそのコミュニティの生活基盤改善と人生においてより良い機会を増やすため、20年以上に渡ってヨーロッパ、北米やその他の地域からボランティアを送り続けてきました。この経験を生かし、今回、プロジェクトアブロードはイタリアで難民支援プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、祖国からの長く困難な道のりを経てイタリアの海岸線にやっと辿り着いた難民や移民を支援する目的です。

アフリカからやって来る難民や移民にとって、南イタリアは長年に渡り地中海を横断する際の西ヨーロッパへの玄関であります。他のヨーロッパの地域と同様に、最近では難民や移民の数が急増し、イタリア政府や地元住民及び施設やインフラはその対応に追いつけずにいます。

プロジェクトアブロードは、既に南イタリアに滞在する、またはこれから日々到着する難民や移民を支援するため、2つの機関と提携を結びました。

提携機関1:レッジョ・ディ・カラブリアにある国際的医療NGO

プロジェクト活動は、レッジョ・ディ・カラブリアにある国際的医療NGOとの協力関係のもとで行われます。ここには難民ボートが上陸し、上陸した移民、難民はパトロールを担当している海軍や沿岸警備隊によって連れて来られます。

プロジェクトアブロードのボランティアは、ここで‘初期的な対応’をアシストします。例えば、ボートが到着したとき、移民、難民の個人情報を集めたり、緊急医療審査を行うなどの活動に携わります。このような現場では、医学生など医療の知識を持っている方であれば大きな助けとなるでしょう。また、多くの難民や移民がアフリカからやって来るので、英語やフランス語を話せるとコミュニケーションがより円滑に進められます。

提携機関2:カラブリアの様々な場所にベースを置く地元機関

プロジェクト活動は、難民や移民が移り住んだカラブリア内の様々な地区で地元機関という機関と一緒に行われます。プロジェクトアブロードのボランティアは、ここでは法律や人権に関する問題や、ヨーロッパでの家族探しなど、‘2次的な対応’を手助けします。また、難民や移民は、現地の言語や文化を学ぶため、特別言語教室や文化教室に参加しなければなりません。そのため、このプロジェクト参加には様々なスキルや専門的知識が求められます。

またこのプロジェクトでは、どのように支援するか、例えば語学の面で貢献する、年配の方をアシストする、市役所でボランティアするなどといったように、どのように支援するのがベストか自分のアイデアを発信していくことができます。緊張感があり、流動性のあるこのプロジェクトでは、現地の提携先やスタッフと協力しつつも、ボランティアの皆さんの率先力が期待されます。難民・移民の状況は、不況とともに日々悪化しており、至急ボランティアの皆さんからの助けを必要としています。こういった状況下では、斬新なアイディアそして熱意持ち、精力的に参加されるボランティア皆さんが大きな力となるのです。

イタリアでの難民支援プロジェクトに参加して、今日、違いを生み出す原動力の一員となりませんか。

このプロジェクトは、1週間から参加が可能で、ホームステイかボランティアハウスに滞在します。

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。