You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

プロジェクトアブロードがエチオピアにある2つの公立学校に250冊の本を寄付しました

エチオピアの学校に寄付する教材を届ける日本人ボランティア

エチオピアの首都アディスアベバにある2つの公立学校、Yelebe FanaとBerhane Zareに通う生徒たちが新たな本と共に新学期を迎えます。2015年11月のプロジェクトアブロードのボランティアとスタッフによる寄付で、2016年から250冊の本を寄付する活動が始まりました。

寄付には、理科や数学、英語の教育本だけでなく、読書を推進するような小説も含まれています。「エチオピアの公立学校にはより効率よく教えたり、学んだりするために必要なものがありません。実際、学校の図書館の蔵書数を見ると一目瞭然です。こうした状況から教材の不足を埋めるために私たちがいるのです。」とプロジェクトアブロードエチオピアのディレクターであるMinassie Alemayehuは言います。Yelebe FanaとBerhane Zareには7〜15歳の5120人の生徒がいます。どちらの学校も政府から運営資金を得ており、アディスアベバ近郊で暮らす収入の低い家庭の子供たちも無料で教育にアクセスできます。政府が教師の給料や、基本的な設備を整えていますが、教材や図書館への資金は限られています。プロジェクトアブロードのボランティアは以前から子供の本やゲーム教材、おもちゃ、また他にも教育に役立つものをこの2つの学校に寄付してきました。

学校で校長先生と握手する日本人ボランティア11月の寄付で、プロジェクトアブロードは学校に必要な本が行き渡るよう、学校の校長に、生徒の学びを促進できるような本を選んでもらいました。Yelebe Fanaの先生の中には、「こういったことは予算の少なさから、私たちが今までできなかったことです。だから、私たちの学校にとってこれらの寄付は本当にありがたいものです。」と言います。寄付活動は月毎のコミュニティーアウトリーチで行われています。この活動は2014年に始まり、エチオピアのプロジェクトアブロードのスタッフとボランティアが、いつも訪れている学校でどういった支援ができるかを同時にチェックしています。

エチオピアのプロジェクトを見る。

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。