You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

皆さん、こんにちは!アドバイザーの木村です!

メキシコの活動拠点の町

2016年2月17日~3月5日まで、メキシコのプロジェクトの視察に行ってきました。

今回は現地での体験を少しばかりご紹介したいと思います。

皆さんはメキシコにどんなイメージを持っていますか?

マフィア、麻薬戦争、強盗・・・などなど怖い印象を持った方が多いのではないでしょうか?

まぁ実際そういった地域も主に国境沿いにあるにはあります。が、メキシコの大部分の地域は平和そのものです。昼間一人で出歩くこともできますし、夜はタクシーを使えば夕食にだって行けます。

初中米だった私でも気軽に楽しむことができた、大変過ごしやすい国です。

活動拠点のあるグアダラハラの風景

街を歩いているとたくさんのスターバックスなどのカフェやレストランがあります。オープンテラスのお店が多いので、ゆったりとした雰囲気でくつろげますよ!Wi-Fiもありますのでネットも使えます。

【言語】

ボランティアが滞在するメキシコのステイ先

メキシコの公用語はスペイン語です。

街中、レストランなどでは英語がほとんど通じませんので、渡航までにできるだけ練習して行かれた方が良いです。私はスペイン語の指さし単語帳を持参し、単語ベースのスペイン語でやり取りしていましたが、ジェスチャーで補えば意外と何とかなりました。言葉が通じないと最初から開き直れば、コミュニケーションが新鮮に感じられ、新しい言葉を吸収するのが結構楽しくなりますよ!

【メキシコ人】

私が出会った現地の人々はとても親切&フレンドリーでした!滞在先までの戻り方が分からず、片言のスペイン語で道を訊いても分からず困っていたところ、わざわざ一緒にタクシーを探してくれ、ドライバーに目的地の行き方まで説明してくれた女性には大変お世話になりました。ドライバーの方も「そこ知ってるよ!」と言ってくれたので一安心です。海外で人の親切に触れると感動しますよね!

日本に帰ったら観光客により親切に接しよう!と心に決めた途端、タクシーが道に迷ったのはいい思い出です。さっき道知ってるって言うてたやん!(笑)

【滞在先】

メキシコで食べられている食事

グアダラハラ、シウダッドグズマンに滞在するボランティアは、ホストファミリーのお宅に滞在します。

家族内のコミュニケーションは基本的にスペイン語になります。片言の英語を話す方もいますが、やはりスペイン語の単語帳は肌身離せません。むしろこの機会にスペイン語を上達させよう!というモチベーションでいると良いでしょう!

【食事】

メキシコと言えば。。。タコス!

食事には必ずと言っていいほどトルティーアとチップス、サルサ(ソース)が数種類、最初に出てきます。

サルサは辛いものからアボカドベースのまろやかなものまで、たくさんあります。

辛いもの好きな方には問題ないかと思いますが、甘党の私からすると、メキシコ人の言う「ちょっと辛い」はかなり辛いです(笑)ご注意ください。また色や見かけの判断は禁物です。優しい緑色をしているのできっとアボカドか何かで、辛くないだろうと思いきや激辛!なんてこともあります。

【観光】

ユカタン半島の観光地、イスラムヘレス

メキシコは古代遺跡をはじめ、スペイン統治時代の名残のある精巧な建築様式の教会や美しい海沿いのリゾートまで、飽きることなく見て回ることができます。週末などの休暇を利用して出かけると良いでしょう!

写真はカリブ海に面した都市カンクンの離島、イスラムヘレス島です。

メキシコについて少しでも良い印象を持っていただけましたでしょうか?

私たちはたくさんのプロジェクトをメキシコで行っています!「行ってみたい国リスト」に追加していただけると幸いです。

興味をお持ちのプロジェクトがございましたら、アドバイザーまでお気軽にご相談ください。

メキシコのプロジェクトを見る

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。