You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

タイの地元の学校で環境保護についての教育活動を実施

海洋保護ボランティアはクラビで活動しています。彼らはより良い環境づくりに向けた努力が少しでも増えるよう、一生懸命活動しています。タイの海洋保護プロジェクトの中で最も大切な活動は地元政府に各種生物のデータ収集を行ってもらえるように働きかけることです。ボランティアは潜水資格認定協会のスキューバの資格を得て、海洋生物の特定方法についての特別なトレーニングを受けた後に水面下でたくさん活動できるようになります。

週6回のダイビングが行われるコースも含めアンダマンの海洋生物調査を通じて、彼らは海洋環境の保護のために重要な繋がりを作り上げています。この繋がりは地元だけでなく国際的な協力によって成り立っており、タイの環境保護への貢献を求めています。この働きは浜辺の掃除やマングローブ植林など陸上での環境保護プロジェクトによってバランスが保たれています。海洋生物の生存がかかっているため、ボランティアは地元の学校やコミュニティに環境保護の紹介を行い、理解を求めました。これは環境学の分野の知識を人々に理解してもらう手助けとなるでしょう。この活動は発展して、小学生対象の新しい形の環境保護に関するワークショップにもつながっていくことでしょう。環境保護の代表であるNam Suwanneeさんのガイダンスの下で、ボランティアは忙しいスケジュールの中でも高いレベルの教育を維持できています。

プロジェクトアブロードの環境保護ボランティアがタイのクラビにある小学校でワークショップを開催

今年、ボランティアはクラビ県の郊外にある小学校で隔週ごとに環境保護に関する教育活動を行ってきました。「どのワークショップも学問的なテーマで行われています」とCornellierは言います。「私たちの最新のテーマはリサイクルの重要性についてです。ボランティアは少人数のグループに分かれ、リサイクルについて違う視点からプレゼンテーションを行います」。16人のボランティアはもっとも最近開かれた、Ao Nangにあるゴムプランテーションの間にある小学校での環境保護教育を手伝いました。自己紹介をしてからプレゼンテーションを始める前に、ヨーロッパ・アメリカ・南アフリカ・日本から来たボランティアたちと生徒は一緒にゲームをしました。「私たちはたいてい毎週、同学年の生徒のみでなるグループを手伝っています。それぞれのクラスにはたくさんの生徒がいます。特定の学年を対象にすることで、生徒たちが要点を把握する時の英語のレベルを適切に調整することができます。私はプレゼンテーションの内容の一部をタイ語に翻訳していますが、ボランティアたちにとって環境意識についてのプレゼンテーションがきちんと理解されているかどうかを知ることは大切だと思います」とCornellierさんは言います。

プロジェクトアブロード海洋保護ボランティアはタイのクラビの小学校でワークショップを開催

子供たちは積極的にワークショップに参加することを勧められており、プロジェクトアブロードのボランティアと共に適切なリサイクル方法について話し合っています。最新のプレゼンテーションは生徒にプラスチックのコンテナなど、少し手を加えればリサイクルできるものについて、アイデアをひらめくきっかけとなるような良い機会となっています。生徒たちにプラスチックの利用に注意深くなるように促したり、家族にリサイクルについて話すようにしてもらったりするだけでなく、Cornellierはプレゼンテーションをすることでもっと良い影響を期待できるといいます。「特に田舎にある小学校に通う小学生は、ほとんど外国人に出くわすことがないので、その意味でも交流のいい機会になると考えられます。こういったワークショップは彼らにとって他の文化を学ぶいい機会になります。またボランティアはより近い視点から教育システムについて理解することができます」と彼女は言います。

プロジェクトアブロードの環境保護ボランティアはダイビング、陸上での清掃活動、また他の環境保護を持続的に、またクラビの環境教育の面をも引っ張っています。教室から海岸、アンダマンのサンゴ礁に至るまで、彼らの活動はタイの生態系だけでなく、地方を活性化させたり、人々に教育活動を実施したりすることにまで気を遣っています。「今月ボランティアはリサイクルについて異なった側面から、プレゼンテーションを続けていく予定です。そして私たちのワークショップの次のトピックは、環境保護とマングローブ保護についてでしょう」と、Cornellierは言います。

このボランティアが主体となって行う活動は、環境に関しての知識やそれに対する感情を起こさせるものとしてはたらきかけており、新しい世代の国際的環境保護に繋がるでしょう。

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。