You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

“World Hunger Day” ペルーでの栄養学プロジェクト

5月28日は 世界での極度な飢餓や貧困をなくすための持続可能な解決策をたたえる“World Hunger Day” ということで、今回はペルーで行われている栄養学プロジェクトについて取り上げましょう。

World Hunger Day

ペルーは世界で最も銀と銅の生産量が多く、一見裕福な国にみえますが、ここ数十年で約30% 貧困が改善されたことを除いては、国の経済成長の低さによって貧富の差が広まっています。さらに、栄養失調は国全体の問題となっていて、多くの家庭が食料不足に困っています。その結果、大勢の人々が田舎から都会へ移り住みましたが、彼らの生活状況にあまり変化はみられていません。

このプロジェクトが行われているウルバンバ地方では、男性が十分に稼ぐことができないと、その分を女性が働かなければならなく、そのお金でお米やパスタやお芋を買って家族を養っています。しかし、経済状況が限られている中で、それらの食料だけでは栄養は不十分であることに気づく親も少ないのが現状です。

ヘルスケアプロジェクトでは、ボランティアとプロジェクトパートナーが協力して、家族のために食事の栄養面を改善したいと望む母親たちにゲームなどを使いながらわかりやすく教育をしています。それと同時に、実際に食事を作って母親達に食べてもらうことで、タダでご飯を食べさせてあげられるだけでなく、彼女達にも同じメニューを真似して家族につくることができます。

このように、小さな解決策のひとつも国際社会での人々生活状況をよりよくしていくのにとても重要で不可欠ですね!

 

ペルーの栄養学インターンシップ

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。