You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ホエザル 自然界へ還る in ペルー

ホエザル 自然界へ還る in ペルーペルーで行っている環境保護プロジェクトでは、傷ついた動物たちを保護し自然界に還す活動をしています。以前に自然界へと還したホエザルのグループの経過観察をしたところ、無事に自然界にも馴染み、本来あるべき生活へと戻っていることがわかりました。
「彼らが自然界の生活に順応し、本来あるべき姿を見ることができ、とても嬉しく思います。」

と、この環境保護プロジェクトの代表を務めるStuart Timsonは嬉しそうに言います。2010年にこのプロジェクトを初めてから、今回自然界へと戻された8頭ものホエザルで実に4回目のリリースとなりました。

この環境保護プロジェクトのチームは、絶滅した種の動物たちを自然界へと再導入するために日々必死に取り組んでいます。動物たちの生息地が失われたこと、妊娠期や養育期が長くなったこと、そしてペットにするために捕獲されることなどの要因により、その生息数は減っていく一方なのです。

「ホエザルが確実に自然界へと戻ったかどうかは、彼らの行動がいかに自然界で育っている他のホエザルたちのものに似ているかというところで判断します。今回放した8頭のクモザルは、その前に自然界に還したグループと再会し、そこで2頭の新たな赤ちゃんが誕生したことが確認できました。これはまさに、彼らが本当の意味で自然界へ戻ることができたその証拠だと思っています。」

ペルー国内で、唯一ホエザルのリリースに関わる活動がペルーの政府によって認められているものが、このプロジェクトアブロードによるリリースプロジェクトです。プロジェクトアブロードでは、アマゾン熱帯雨林保護プロジェクトにおいて、生態系を守り、生物多様性を保存し、さらには資源の継続的使用を増進することで、アマゾン熱帯雨林に及ぼした自然環境破壊を食い止めるべき活動を続けています。

ペルー アマゾン熱帯雨林保護プロジェクト

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。