You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

世界ペンギンデー in 南アフリカ!

東ヨーロッパのモルドバで医療プロジェクトに参加した日本人医師の体験談が現地のニュースレターに取り上げられました。

世界ペンギンデー in 南アフリカ!

プロジェクトアブロードは、世界ペンギンデーを記念して南アフリカのケープタウンでペンギンやその他の海鳥の保護活動をしているSANCCOBのサポートを行いました。参加したボランティア達は、えさの供給、ケージの掃除、けがや油で汚れてしまった海鳥のお世話などといった活動をしました。SANCOBBでは、もし海鳥が自力で自然界に戻ることができない場合でも、彼らが生活することができるよう家や環境を与えてあげます。また、海鳥の病気についての調査をするリーダー的役割も務めています。

プロジェクトアブロードでは、ボランティアの方々によるSANCOBBのサポートだけでなく、アニマルケアプロジェクトとして、見捨てられてしまったペンギンたちをケープタウンの海に返してあげるまでの間の期間の保護活動も行いました。

残念なことに、2010年にアフリカのペンギンは危急動物リストから絶滅危急動物リストになり、現在ではたったの21000組のカップルが野生に生存しているまでになっています。絶滅危機は深刻化しているものの、SANCOBBのメンバーになってペンギンを保護したり、寄付をしたりと、すこしでも彼らを助ける方法はあります。

ペンギンの保護は決して簡単ではありませんが、たとえ小さな助けでも一人でも多くの人が協力することによって、結果大きな変化につながり、ペンギンだけでなく周りの動物を救うきっかけにもつながるでしょう!

南アフリカのアニマルケア

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。