You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

コスタリカで環境保護ボランティアを体験しよう!

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: バラ・オンダ国立公園
  • 役割: 野生動物たちの生活環境の保護、施設内の設備のメインテナンス、環境保護教育などに携わること
  • 条件: なし
  • 主な研究対象: コウモリ、霊長類
  • 活動地の環境: 熱帯乾燥林
  • 滞在先: 公園内のボランティア寮
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

プロジェクトアブロードのバラ・オンダ国立公園で活動している環境保護プロジェクトでは、自然が大好きで環境保護活動に興味のある方を募集しています。ボランティアの皆さんは、素晴らしい自然環境の中、現在進行中の様々な活動に携わることになります。

現地の自然環境の調査や、国立公園内の設備の整備など、ボランティアとして参加する活動はたくさんあります。これらの活動によって、コウモリ、ホエザル、オマキザル、ハナグマ、オセロット、コウゴウインコ、爬虫類などの保護につながるのです。活動は全て現地の経験豊かなスタッフと共に行いますので、ご安心ください。

また、経験は不要ですので、ギャップイヤー中の方であっても、キャリアブレーカーであっても、学生さんであってもどなたでも参加することができます。活動拠点となる国立公園は、リベリアから約2時間ほど離れたところに位置し、2295エーカーもの乾燥熱帯雨林地帯が広がっています。ここを訪れる観光客のお目当てとなっているのが、数多く存在する洞窟や地下穴で、とても有名です。

コスタリカの環境保護プロジェクトの知っておきたい10のポイントはこちら!

コスタリカの環境保護プロジェクトの知っておきたい10のポイントはこちら!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

コスタリカで環境保護のボランティアとしての活動

南米コスタリカで海外ボランティア 植林に貢献する環境保護ボランティア主な活動内容:

  •  自然環境調査:最近は、自動センサーカメラを使って哺乳類やコウゴウインコなどを観察したり、夜にミストネットでコウモリを捕獲したりしています。
  • 学校や地元のコミュニティで環境保護教育を行う際のお手伝い
  • 公園内のメインテナンス
  • 気象情報の記録
  • 公園内の道や川、重要な場所などのマッピング
  • 植林するための苗木の世話
  • 森林の防火線の整備
  • コウゴウインコの巣の保護
  • コスタリカの国立公園で初のバイオガスを供給するための装置の設置

活動時間は平均すると一日6時間ほどです。自然界の動物たちが活発な早朝から活動をするグループと、夜に夜行性の動物の観察に当たるグループとに分かれて活動します。日中は気温がとても高くなりますので、通常は活動はせず、ゆっくりと過ごす時間としています。

また、プロジェクト参加期間中には、一緒に活動する知識や経験が豊富なスタッフから、レクチャーを受けることもあるでしょう。内容はその時によりますが、環境保護についてなどより広範囲な話から、公園内に生息する植物あるいは動物についてなどより専門的な話まで様々です。コスタリカの環境保護チームのスタッフは生物学者または天然資源管理者で、全員Ticos(コスタリカ人)です。

バラ・オンダ国立公園の気温は年間通して暖かいですが、雨季と乾季がありますのでご注意ください。雨季は、5月から11月で雨量の予測が難しい期間です。年間通して活動は行っていますが、対象の動植物の生態によって活動内容も異なります。ですから、どの時期に参加されてもやることはたくさんありますので、ご都合に合わせてぜひご参加ください。

環境保護プロジェクトの活動目標

コスタリカ、環境保護プロジェクト、調査中ボランティア

このプロジェクトの目的は、コスタリカの美しい自然が破壊されることなく存続するようにすることです。コスタリカの25%以上が植物や野生生活の保存にささげられており、これは世界で類を見ません。また、エコツーリズムはコスタリカにとっても非常に重要な産業で、毎年10億ドルをもたらしています。しかし観光が主要産業となり、さらに自然保護の必要性が高まってきています。

このような状況から考えても、プロジェクトアブロードのボランティアはコスタリカの公園や自然保護区で重要な役割を果たしています。コスタリカの環境保護への関心は少しずつ高まってはきていますが、それでも資金不足であったり雇用スタッフの数が足りなかったりと問題はいろいろとあります。それゆえボランティアの存在によって、より大きく重要な仕事に手を回せるようになり、大変助かっているのです。

もう一つの問題は、現地の学校や隣接するコミュニティでの環境保護教育です。公園内の活動についての理解を得たり環境保護問題についての知識を広めることを目的として活動しています。ボランティアのみなさんには、地元の人々が自分が生活する地域の環境を守ることがいかに大切かということを理解する重要な活動に貢献していただくことになります。実は、このプロジェクトアブロードの環境保護教育への取り組みが認められ、コスタリカ政府よりブルーフラッグ賞を受賞することになりました。

環境保護プロジェクトの生活面

コスタリカ国立公園の洞窟で活動中の日本人ボランティア

ボランティアの皆さんは、公園内にある施設に滞在します。スタッフの宿泊施設、オフィス、キッチンなどもあります。寮のような部屋が4つあり、最大6人までのボランティアが一緒に寝泊りします。トイレ、シャワー(温水ではありません)、洗面所などの基本的な設備は整っています。扇風機や荷物などを置ける棚もあります。食事は共用のダイニングでみんなでいただきます。ここにはテレビやDVDプレーヤーも用意されています。ダイニングの横にはキッチンがあり、そこでキッチンスタッフが食事の用意をしてくれます。ベジタリアンであったりアレルギーなどで食べられないものがある場合も出来る限り対応していますので、ご相談ください。彼女はいつでもスペイン語やダンスなども教えてくれますよ。

また、5分くらい歩いたところにはサッカー場があり、そこは自由に使うことができます。また、スイミングプールなどの娯楽施設もありますので、使用したい方は使用料をお支払いいただければお使いいただけます。その他、Tempisque川の渓谷や、Nicoya湾の島々を見渡せる絶好のポイントもあります。公園自体はコスタリカの美しいビーチからも近いです。

環境保護ボランティアで調査するコスタリカのコウモリ

プロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期にわたって参加される方に比べると得られるものが異なる場合がございます。

コスタリカで活動する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。また、英文の健康診断書と身分照会状2部も必要となります。

(スタッフの一言)

エコツーリズムや自然保護という点では先進国ともいえるコスタリカ。平和な国としても知られ、環境保護活動に関しては特に人気ということもあり、一押しです。

このコスタリカでの環境保護プロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらのマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

プロジェクト追加情報 最新ニュース Costa Rica Conservation Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。