You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

中国でジャイアントパンダのケアボランティア

概要
  • 活動場所: 成都
  • 活動先: 中国ジャイアントパンダ保護研究センター
  • 役割: パンダの餌の準備、おりの清掃やパンダの生態観察など
  • 条件: なし
  • 滞在先: ホテル
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

愛らしくも絶滅の可能性を持つジャイアントパンダの保護活動に携わってみませんか?このジャイアントパンダのケアにあたるアニマルケアプロジェクトは、中国で最も有名なジャイアントパンダ保護研究センターの一つを活動拠点としています。残念ながら、ジャイアントパンダは世界中でも絶滅の危機にある動物の一つとされており、ボランティアの皆さんからのサポートを必要としています。ギャップイヤー中の方、休暇中の方、転職中の方、どなたでも参加できます。

ここ数十年で、パンダにとっての生息地が少なくなり繁殖数が激減したことにより、ジャイアントパンダの数は急速に減り続けてきています。密猟もまたパンダの数の減少に長年にわたって大きな影響を与えてきているのも事実です。結果、世界に生息しているジャイアントパンダはわずか、1000~1500頭と言われています。しかし、あるパンダ保護者によると、保護対策により今では3000頭ほど生息しているという話もあります。そこで、プロジェクトアブロードはこのジャイアントパンダの保護に関わる活動に賛同しご協力いただけるボランティアの皆さんの参加を募集しています。

中国、動物ケアプロジェクト、パンダと活動

活動先である中国ジャイアントパンダ保護研究センター(CCRCGP)は、1980年にジャイアントパンダを保護し、研究活動を支援する目的で中国政府によって設立されました。中国南西部の四川省は四つの柱となるパンダ保護センターを有しますが、中国ジャイアントパンダ保護研究センターはそのうちの一つで、成都から車で約30分のところに位置します。活動は主にジャイアントパンダの保護や繁殖、ジャイアントパンダを自然へ返す取り組み、習性や疾患の研究に力を注いでいます。現在のところ30頭の救助されたジャイアンドパンダのケアを行っており、繁殖期にはその頭数が増加します。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ジャイアントパンダの保護をするボランティア活動

中国、パンダと活動するプロジェクトアブロードボランティア

このボランティアプロジェクトは、動物ケアや野生動物保護に興味がある人、特に大きな哺乳類の人工繁殖に興味がある方にお勧めのプロジェクトです。参加する上で、特にご経験は不要ですが、このセンターで行っている活動や目的に対して興味をもって参加できる方からの応募をお待ちしています。ジャイアントパンダはとても大きな動物です。檻の中に入れて飼育されている動物ではありますが、野生動物であることには変わりないので、ペットのように扱わないようにすることがとても大切です。

中国で活動する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

プロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期にわたって参加される方に比べると得られるものが異なる場合がございます。予めご承知おきください。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。