You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

中国で英語を教える海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: 成都、上海
  • 活動先: 小学校、高校
  • 参加条件: なし
  • 生徒の年齢: 6歳~15歳
  • 生徒数: 30~50人
  • 役割: 授業をする、現地教師のアシスタント
  • その他の科目: 音楽、スポーツ
  • 滞在先: ボランティアアパート
  • 参加期間: 4週間以上
  • 開始日: 随時

中国で英語教育に貢献する海外ボランティア

中国で、ボランティアとして英語を教えることは、何百もの生徒たちと関わり、中国という国を知るのにとてもよい機会になることでしょう。ギャップイヤーの人でも、キャリアブレイカーでも、旅行の延長として参加する方でも、どなたでもプロジェクトアブロードが提携をしているいくつかの学校できっと重要な人材として活躍できることと思います。また滞在中は現地スタッフがサポートいたしますので、安心して活動していただけます。

中国での英語教育の海外ボランティア活動は、英語教師としての経験を積みながら、生徒たちの成長を目にすることができる充実した毎日となることでしょう。英会話を重視していますので、TEFLなどの英語を教えるための資格は特に求められません。西洋の国々と隣接していますので、英語を学びたいという希望は高まってきています。英語ができると国内でも有名な大学に入学できますし、アメリカやイギリスなど海外の大学に進学することだって夢ではありません。世界中の多くの企業が中国に進出してきています。ですから現地のバイリンガルな中国人の需要もどんどん増えていっているのです。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

中国で生きた英会話を教える海外ボランティア

中国で英語教育に貢献する海外ボランティア 生きた英会話を習う小学生たち

上海や成都の外れの方の町で、プロジェクトアブロードの教育ボランティアたちは、現地の子供たちの英会話力の向上に一役かっています。伝統的な価値観を重んじている中国の人々ですので、中国人の生徒は皆教師を大変敬い、そして必死になって学習しています。一クラス約40~50人の6歳~15歳位の子供たちを対象に英語の指導にあたります。この辺りの学校に通う生徒たちのほとんどは、生活を向上させようと中国の奥地の田舎町から引っ越してきた家庭出身。とても貧困な生活をしてきた子供たちもいますし、そのような状況から最近引っ越してきたばかりの子供たちもいます。

中国における旧正月のため、1月及び2月の大半は、活動がお休みになります。また6月中旬から8月末までの夏の間も学校は休業となりますので、その期間中は、プロジェクトアブロードの現地オフィスがエキストラの英語カリキュラムをアレンジします。

中国で学校教育に貢献する海外ボランティアの役割

中国で学校教育に貢献する海外ボランティア スポーツの授業の様子短大や大学へ行くための競争力が高く、主要な都市以外では学生が学ぶ機会が少ないため、あなたはすぐに学生や中国の同僚の間でも人気者となるでしょう。現地カリキュラムのトピックを基にレッスンをし、それに加え、ロールプレイや討論、ゲームを使って彼らの語彙力を増やすよう助けてください。あなたから新しいことを学ぶことに彼らは意欲的です。中国の海外ボランティアは、TEFLトレーニングや過去に教えた経験がなくてもできるもので、海外で教える経験が得られるものです。また彼らのやる気を持続させるため、ゲームや様々なアクビティの準備もしています。どんな特技を持っていようと、きっと中国でのボランティア活動の中で十分に活かせるかと思います。楽しく活動できるそんなレッスンを目指して頑張ってください。英会話力を伸ばすことで、現地の生徒たちにとっては将来の道が大きく開けることにもつながるので、とても大切になることを忘れないでくださいね。

また、この教育ボランティアでは、英語教育を柱にしながら、同時にスポーツや音楽を教えることが可能です。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

このプロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらのマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

China Teaching Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。