You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

カンボジアで異文化体験 クメールプロジェクト

概要
  • 活動場所: プノンペン、シェムリアップ
  • 役割: 遺跡を訪れたり様々な活動をしたりして、クメール文化を学ぶこと
  • 条件: なし
  • 滞在先: ボランティアアパート、ゲストハウス、村でのホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

クメールプロジェクトに参加して、カンボジアの文化を体験してみよう!クメールプロジェクトの目的は、カンボジアの生活にどっぷりと浸かってクメール文化や歴史、言語を学ぶことにあります。過去、そして今現在のクメール文化を学ぶだけでなく、伝統的な村で数日間過ごすことにより現地コミュニティに深く入り込みこの素晴らしい国を体感できることと思います。

カンボジアはアジアの中でも最も貧しい国の一つです。クメールプロジェクトに参加することにより、そこで生活し、そのコミュニティで作られているものを購入したりしてカンボジアの経済発展に貢献することができるのです。観光でただ訪れるだけでなく、実際にそこで生活しクメール文化を体験することで、クメール文化についての理解を深めることにつながるのです。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

カンボジアの村落開発ボランティアおよびクメール文化クラス

カンボジア、クメール文化コミュニティープロジェクトでのプロジェクトアブロードボランティア

クメールプロジェクトに参加中は、様々な活動に携わることになります。カンボジアに到着後の初めの数日間は、プノンペンにある国立博物館や、キリングフィールドと呼ばれるポルポト政権時代の跡地など主要な観光名所を担当スタッフと共に訪れ、カンボジアの歴史と人々の生活に触れます。

また、パペット作りのクラスやクッキングレッスン、銅で物を作るワークショップや伝統音楽やダンスクラスなどに実際に関わったりします。クメール言語を学ぶこともまた、このプロジェクトのファーストステージに便利で重要な一部といえます。

次に、参加される時季によって活動内容は変わりますが、数日間田舎の村民の家に滞在し農作業を手伝ったりします。オプションとして、その地の子供たちに英語を教えるうことも可能です。

4週間以上参加できる方は、シェムリアップに近い、アンコールワットやタプローム(映画ツームレイダーで有名になった寺院)を含む寺院を訪れることもできます。シェムリアップでは洪水の影響を受けた森林や村を訪れる機会もあります。

このプロジェクトは基本的にはクメールプロジェクトのコーディネーターと英語で会話することになります。

4週間のクメールプロジェクト終了後、その他のプロジェクトに参加することもできます。クメール語や現地の文化を理解した上でプロジェクトに参加すると、きっと子供たちへの指導もより効果的になることでしょう。

プロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期にわたって参加される方に比べると得られるものが異なる場合がございます。予めご承知おきください。

※カンボジアでは、希望者には日本語通訳を付けることができます(ただし環境保護プロジェクトは例外で付けられません)。英語力に自信がない方で日本語のサポートが現地で必要な方におすすめの活動国です。

Volunteer Profile
Rinya
“クメールプロジェクトで田舎の村にホームステイしたことです。これをすることで身近にカンボジアの生活を感じることができました。首都滞在ではなかった停電や田舎で生活できたことは、日本での自分の周りにはない生活で良い経験になりました。現地スタッフはとても親切で、2週間を楽しませてくれました。カンボジアの名所案内ではすべての英語が理解できない自分にゆっくり丁寧に理解できるように説明していただき勉強になりました。その他の移動時間などにも常に会話があり、カンボジアや日本の生活などあらゆることを話しそれも楽しかったです。プロジェクトの内容も自分に合っていて充実した時間を過ごすことができました。”

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。