You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

カンボジアで海洋環境保護の海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: Koh Sdach島
  • 役割: 海洋生物の生態調査、ビーチ清掃やワークショップなど地元コミュニティへ働きかける活動に携わること
  • 主な研究対象: 絶滅の危機にさらされているタツノオトシゴの保護
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ボランティアバンガロー
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

カンボジアでの海洋環境保護の海外ボランティアは、ダイビングをして実際に海に潜りながらの珊瑚礁を含む貴重な海洋生物の保護活動や、現地の地域コミュニティ内で環境問題に対する教育に貢献できる海外ボランティア活動です。

カンボジアが直面している海洋環境における主な脅威は、漁業における制度の欠如や問題意識の低さにあり、それが過剰な漁業を促し、環境に有害な結果をもたらしています。こういった背景から、この海洋環境保護のボランティア活動の主な目標の一つは、現地の人々に変化の必要性の気付きを与え、その手助けをすることです。

カンボジアの小さなKoh Sdach島で行うこの海洋環境保護活動は、海洋環境に興味があり、ダイビングをしたり、島生活をしながら海外ボランティア活動に従事したい方にピッタリの海外ボランティア。高校生ギャップイヤー中や学校の休暇中の大学生、休暇中や転職活動中の社会人、大学の研究に活かしたい方、シニアの方など、どなたでも参加可能です。海外初心者や海外ボランティア初心者、ダイビング初心者の皆さんでも、貢献できることがたくさんあります。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

カンボジアで海洋環境保護活動に貢献する海外ボランティア

カンボジアにおける海洋環境保護のボランティアは、美しく静寂なKoh Sdach島を拠点に活動しています。ダイビングによる海洋調査、データ回収だけでなく、陸では環境保護問題に対する認識を促進するためのワークショップの開催、地元漁師や学校への環境保護啓発運動、ビーチ清掃などに貢献。すべての活動は、プロジェクトアブロードの現地スタッフの指示に沿って行いますので、安心です。参加するにあたって特別な資格は必要ありませんが、海洋生物学などの分野に長けている方の参加も大歓迎です。ダイビングの経験は問われず、ダイビングのトレーニングコースもプロジェクトに含まれているという特典付き!

カンボジアの環境保護プロジェクトの知っておきたい10のポイントはこちら!

カンボジアの環境保護プロジェクトの知っておきたい10のポイントはこちら!

カンボジアでの海洋環境保護活動に従事するボランティアの役割

カンボジアの環境保護スタッフと日本人ボランティア

カンボジアでの海洋環境保護活動では、ぼらんてゃいの皆さんは以下のような役割を果たしていきます:

  • ダイビング調査(過剰漁業の影響を測るための魚のサイズや数の調査、サンゴ礁調査、無脊椎動物調査、タツノオトシゴの識別、分布図のマッピングなど)
  • 海中清掃ダイビング
  • ごみの管理プラン(ビーチ清掃、ゴミ回収ダイビング、地元民へのリサイクルやごみ処理の指導
  • 現地学校にて週2回の環境保護のクラス実施(英語を教えるなども可能)
  • 地元漁師の収穫物の調査、持続可能な漁業やサンゴ礁の重要性に関するトレーニングの実施

毎週スケジュールが発表されるので、それに沿って活動に従事していきます。参加時期や天候、参加しているボランティアの人数などによって、活動内容が異なってきます。通常、週5日間活動し、そのうち数回ダイビングによる海洋調査に出かけます。活動がお休みとなる週2日は、世界中から参加する外国人ボランティアと一緒にビーチでくつろいだり、カンボジアの本土に戻って観光をしたりと、自由に過ごすことができます。また、スノーケリングをしたり、休日に「FUN」ダイビングとしてダイビングそのものを楽しんだり、ナイトダイビングの冒険に出かける機会もあるでしょう。

一年のうち7月、8月は特に雨の多い時期です。ダイビング活動は天候に左右されるため、この時期やその他風雨の多い時はダイビングができないこともありますので予めご了承ください。

Volunteer Profile
Amiri
“海洋環境や問題を実際に活動することで知れたことと、様々な海外から来た人たちと色々な考えを共有できたことが一番よい経験でした。今までのファンダイブの経験や漁業が魚たちの住処を壊しているかなど意識してこなかったが、今回の活動でより環境に対して深く考えるようになりました。また、活動に参加している人たちからそれぞれの国の環境に対する考えなどを教えてもらうことができたのが、これから自分が帰国した後に自分の生活を見直す一つのきっかけとなりました。”

カンボジアでのダイビング講習 

Padi

カンボジアでの海洋環境保護活動は、現地到着後、まずスキューバダイビングの資格を取得することから始まります。通常、参加者は全員PADIのオープンウォーターの資格を取るために、講義と実技の両方のレッスンを受けます。PADIのオープンウォーターダイバーになると、海洋環境保護ボランティアプロジェクトにおける海中での全ての活動に参加できることになります。

すでにPADIのオープンウォーターの資格を持っている場合は、PADIアドヴァンスドオープンウォーターのコースを受講できます。4週間以上参加される方 は、Projects Abroad Survey Diver Certification Cardを受けるとことができます。これはPADI公認の特別コースで、海中調査やリサーチ技術のトレーニングが含まれています。

カンボジアで海洋保護の海外ボランティア ダイビングをしながら海洋調査中のボランティア

まだPADIのオープンウォーターの資格を持っておらず、1週間のみの参加したい場合は、PADIの資格取得とは別のディスカバリーダイビングを行います。このディスカバリーダイビングでは、浅瀬でダイビング用具の使い方を学び、水中での呼吸を練習するので、今後のダイビング経験につながる大事な基礎知識を学べるでしょう。もしPADIのオープンウォーターの資格取得を目指したい場合は、2週間以上の参加が必要となります。すでにPADIのオープンウォーターの資格を取得済みで、1週間のみ参加希望の場合は、ダイビングを含む通常の環境保護活動に参加可能です。

何らかの事情によりスキューバダイビングができない、あるいは海中での活動を希望されない方は、スノーケリングによって環境保護活動に携わったり、あるいは地上での活動に専念する形でボランティア活動に参加することができますのでご安心ください。美しい自然を保護するために貢献できることは、たくさんあります!

カンボジアでの海洋環境保護ボランティア活動の狙い

カンボジアで海洋保護の海外ボランティア ダイビング調査中に発見した貴重なタツノオトシゴ!

そもそも、カンボジアで海洋環境保護のボランティア活動を始めたきっかけは、絶滅の危機にさらされているタツノオトシゴの保護をサポートすることでした。現在、タツノオトシゴの保護は、活動の最重要事項ではありませんが、今後もカンボジアの海に生息するタツノオトシゴをモニタリングしたり、主な国際機関に報告していく活動を続ける予定です。そして保護区域を拡大し、生息地やその習性を継続的に研究することで、今後タツノオトシゴの数が増えていくことを期待しています。

海洋環境保護のボランティア活動で回収したデータは、現地当局へと送られます。プロジェクトアブロードは、こうしたデータの蓄積によって、活動拠点が将来、保護区として認定されることを期待しています。また、集めたデータを地元漁師と共有し、それを基にどのように漁業を改善していくかをアドバイスしています。

環境保護教育も、このプロジェクトの重要な活動の一つです。週に2回、現地の学校で環境保護に関する授業を行い、子供たちに環境保護の重要性を呼びかけています。例えば過去には、サメの保護、リサイクル、その他さまざまなテーマを人形劇にして、子供たちにも分かりやすいよう工夫をこらした授業を行いました。また、地元の漁師のためにワークショップを開催し、持続的な漁業や珊瑚礁に関する情報を提供する活動も実施しています。

カンボジアで海外ボランティア中の滞在先

カンボジアで環境保護ボランティア Koh Sdach島にあるプロジェクトアブロードのボランティアバンガローカンボジアの環境保護ボランティアには、竹棒に支えられた海上バンガローで、世界中から参加してくる多国籍なボランティア仲間と共同生活を送る楽しみがあります。男女別のそれぞれの寝室で、同性ボランティアとのルームシェア。普段の生活とは異なる環境で異文化交流を図る絶好の機会となるでしょう。

電気は、バンガローにある発電機によって毎日数時間供給されますのでご安心ください。また、基本的ではありますが、西洋スタイルのトイレ付きのシャワールームがあり、バケツを使って流します。島自体が小さく、コミュニティ内の結びつきが強いKoh Sdach島。ビーチからも歩いて数分のバンガローは海に直結しており、ハンモックでくつろぎながら眺める海も、ここでの生活ならではです。

食事は、バンガローのラウンジで皆で一緒にいただきます。小さなキッチンや洗濯ものを干すスペース、勉強や読書をしたり、外国人ボランティアとの交流を楽しむスペースが備わっています。離島のシンプル生活をぜひ楽しみましょう。

カンボジアで活動する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

このプロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期間参加した方がより有意義な経験や充実した時間を過ごせる傾向にありますので、念頭に入れておきましょう。天候などによってダイビングできる回数も異なります。特に6月から9月雨季の活動内容は、天候に大きく左右されることになります。またこのプロジェクトを2週間参加する方は、PADIオープンウォーターかPADIアドヴァンスドオープンウォーターのどちらかのダイビングコースを受講することになります。

このカンボジアでの環境保護プロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらのマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

ダイブマスター追加 プロジェクト追加情報 最新ニュース マネジメントプラン

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。