You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

カンボジアで子供と関わるボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: プノンペン
  • 活動先: 幼稚園、デイケアセンター、特別支援ケアホーム
  • 条件: なし
  • 対象年齢: 4ヶ月~18歳
  • ケアをする人数: 10~50人
  • 役割: 教育的な活動を展開したり、精神的なサポートを施したりして、ケアマネージメントプランに基づき活動し、目標達成に向けて努めること
  • 滞在先: ボランティアアパート
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

アジアで最も貧しい国の一つであるカンボジアのデイケアセンターで行う海外ボランティアは挑戦し甲斐のあるものですがその分得るものも大きいプロジェクトです。休学中の学生、夏休み中の大学生や高校生、キャリアブレイク中の方、有給休暇中や退職後に誰かの役に立ちたいと思っている方、どなたでも参加可能です。

カンボジアでは内戦が終わってもう何年もたちますが、この美しい国ではいまだ続く戦争の名残りがあちらこちらに残っています。切断手術を受けた物乞い、地雷による破壊など。HIVやエイズ感染の増加も問題の一つであり、プノンペンのデイケアセンターの人口増加の原因ともなっています。その最も犠牲となっているのが社会的弱者である子どもであるため、ケアセンターやストリートチルドレンの施設や特別支援施設で子どもたちと触れ合い、自信をつけさせ、明るい未来の可能性へと広げてあげることがとても重要となります。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

カンボジアのデイケアセンターでボランティア活動

大勢の子供たちとカンボジアで働く日本人ケアボランティア

プノンペンでは、多くのボランティアはKhemaraというカンボジアの中でももっとも歴史のあるNGOの一つが運営する施設で活動することになります。このNGOは1991年からずっとカンボジアの恵まれない環境におかれている女性や子どもたちの支援に従事してきています。プロジェクトアブロードとこのKhemaraというNGOは、現在プノンペン周辺で9つのデイケアセンターを運営しています。ここでは、貧しい家庭で育つ子供たちにとって、安全に教育を受けられる場所であり、医療サービスや栄養バランスの摂れた食事を提供してもらえる場所でもあります。各施設20~50人の子供たちを受け入れていて、ボランティアの皆さんはここにいる3歳から5歳までの子供たちの大切な幼児期の成長を見守りサポートにあたります。施設の子供たちに絵本を読んであげたり、個別に遊んであげたりするだけでなく、施設のスタッフにも英語を教えるなどして貢献していただきます。

健康面については、子どもたちが確実に衛生面についての指導を受け、栄養のあるものを摂り、毎月健康診断を受けられるようにしましょう。また学習面については、ケアセンターや幼稚園のスタッフのアシスタントとして働き、楽しんで学習に取り組める活動を盛り込み、読み書き、社会性などを養う手助けとなってあげてください。歌を歌ったり、ゲームをしたり、絵を描いたり色塗りをしたりとその他いろいろな活動も行います。

活動期間中は施設に監督責任者となるスタッフがいますので、何か困ったことがあった場合にはその人に相談するなどして過ごしましょう。また、プロジェクトアブロードが行っている教育、識字、スポーツ、野外活動、環境、健康、衛生などのテーマに沿った見にキャンペーンにも参加する機会があるかもしれません。

カンボジアの幼稚園でボランティア活動

私たちは、プノンペンにあるKhemaraが運営する幼稚園でも活動をしています。3歳から6歳までの貧しい家庭の子供たちを対象に運営されている幼稚園です。幼稚園の日々の活動に携わりサポートすると同時に、子供たち一人ひとりに愛情をもって接するように努めましょう。

カンボジアで特別な支援を必用とする人たちのためのボランティア活動

カンボジアのケアボランティアとケアセンターの子供

プノンペンにある身体的、知的障がい、あるいはHIV/Aidsに感染している人たちのための施設でも活動を行っています。住む場所を提供するだけでなく、必用な治療を施したり身の回りのお世話をしたりして、多くの面でこういった方たちをサポートしています。とにかく多くの子どもたちは本当にあらゆる面でサポートが必要な状態です。ここでの活動は大変なことが多くあると思いますが、その分やりがいも感じられることでしょう。ここで活動する上で資格や経験は不要です。こういった状況の方たちの助けになりたいという気持ちがある方であれば参加できます。ただ、どちらかというと、特別支援に関わる学習経験や職務経験をお持ちの方や医療に関わる学習をされている方にお勧めの活動先です。

子どもたちに食事を与えたり、入浴の手伝いをしたり、衛生面の指導をしたりすることが、ここでの主な活動内容です。社会性の面で言うと、友達になることやいろいろな場面でサポートすることがキーとなることでしょう。宿題の手伝いをしたり、スポーツをして遊んだり、ゲームを教えてあげたりしながら、積極的に子どもたちと触れ合っていきましょう。自分にできることを発揮し取り組んでいただければ幸いです。

近年、プロジェクトアブロードは活動先の一つである特別支援施設とここで生活する人々の生活の質を向上させるために長期的な契約を交わしました。空き部屋となっていた二つの部屋を、一つは理学療法室に、もう一つは感覚訓練室とし活用し始めました。以前に団体で参加してくれたボランティアの皆さんが使われていなかった部屋を綺麗に修繕し、理学療法に必用な器具などを設置し、その後高校生スペシャルプロジェクトで参加された皆さんにより感覚訓練室も綺麗に整備されました。さらには、施設利用者が外で体を動かせるようにプレイグランドも出来上がりました。こうした過去のボランティアの皆さんのお陰で、ここでの活動がより一層充実したものとなっているのです。

カンボジアの子供たちのためのボランティア活動をしよう

折り紙を手にポーズをとるカンボジアの子供たちと日本人ボランティア

子供の人権活動時間は通常朝8時半ころから午後3時ころまでです。その人によってスケジュールが多少異なります。滞在先が活動エリアに近ければボランティアハウスに昼食を摂りに戻りますが、遠いところの場合は活動先で食べることになります。多くの方が月曜から金曜まで活動し、週末にほかのボランティアと小旅行に出かけ、カンボジアライフを楽しんでいます。

プロジェクトアブロードは、ボランティアのみなさんをサポートしていますので、何か工作活動をするための材料が必要なときや、ある幼稚園やケアセンターの遊戯場の修繕活動をしたいというときなどぜひスタッフにご相談ください。ボランティアのみなさんからの新しいアイディアなどは大歓迎です。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

プロジェクトの目的の詳細については、こちらをご覧ください マネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※カンボジアでは、希望者には日本語通訳を付けることができます(ただし環境保護プロジェクトは例外で付けられません)。英語力に自信がない方で日本語のサポートが現地で必要な方におすすめの活動国です。

Cambodia Care Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。