You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ボリビアで日本語を教える海外ボランティアをしよう!

概要

ボリビアは、ラテンアメリカの中で最も貧しい発展途上国です。そして観光目的以外ではあまり多くの外国人が訪れない国であることからプロジェクトアブロードの教育ボランティアたちの存在は、両手で温かく迎えられるものなのです!とくに自分たちの将来を左右することになる語学は生徒たちにとって最も意欲的に学ぶ科目の一つです。このボランティアは、経験がなくてもできるボランティア活動の一つです。大学の夏期休暇中や休学中の学生、日本語教師の方や、旅行ではない経験が欲しい方など、様々な方におすすめのプロジェクトです。地元の人たちに大きな影響力を及ぼすだけでなく、より広い国際コミュニティの一員として大きな社会貢献をしに行きませんか?

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ボリビアの学校や大学で日本語を教えよう

Japanese classボリビアの日本語教師ボランティアは、基本的には大学生を中心に教えます。特に経験や資格は不要で、これまで大学生からシニアまで幅広い層の方が参加され、みなさんそれぞれ授業を自分なりに工夫しながら現地に貢献してきました。活動地となるコチャバンバ唯一の国立大学の大学生を中心に、日本語を学んでいる学生の小クラスを受け持つことになります。日本語教師のボランティアとしては、週に18時間から20時間ほど教えることになります。常駐の日本語講師がいないため、授業の進め方や教え方などすべてボランティア自身で考えて進めていくことになります。生徒たちはみんな日本に興味を持っていて日本語を学ぶことに積極的です!クリエイティブに楽しい授業を行いましょう。そのほかスポーツや音楽、ドラマや英語など話し合いでほかの教科を教えることも可能です。ボランティアの方には、リスニングや読解力から会話まで、すべてを担当することになります。希望者には直近にこのプロジェクトに参加したボランティアを紹介し、授業の進捗具合や現地の様子などの情報を提供してもらうように、こちらでアレンジすることも可能です。

もうひとつの派遣先例としては、コレヒオ・アングロ・ハポネスというコチャバンバで活躍する有名なオーケストラディレクターの肩書きを持つ日本人の資金提供で建立された私立の学校で、生徒数180人ほど、6歳~17歳くらいまでが通う日本でいう小学校と中学校を兼ね備えた学校です。UNESCOと協定を組んでおり、卒業生には日本で学ぶための奨学金が与えられることも。現在日本人講師がいないため、ボランティアとして日本語を教えてくれる日本人の存在は重要。現地の先生のティーチングアシスタントとしてクラスに入り、基礎的な日本語を教えることを補助します。一クラス12人以下の少人数制、40分ほどの授業で教えるスタイルです。

一日の活動記録例としては、スタッフや生徒たちのニーズにあわせて授業時間や具体的なスケジュールを決めていきます。過去における活動例としては、

  • あいうえお表を見ながら、カルタにイラストと共に書かれている単語を読む、
  • 絵を描いてもらい、日本語でどういうか話したり書いてみる、
  • 日本語のあいさつ、簡単な文型などを教える、
  • 「~が好きです。」「~が得意です。」などを覚え、一人ずつ訪ねてコミュニケーションできるようにする、
  • 折紙、手遊び、歌遊び、じゃんけんゲームをする、
  • 数字ビンゴ、ひらがなビンゴを作る、

等、楽しい遊びを交えて日本語だけではなく、日本の文化を伝えられるようにされた方が大半です。

実際の日本語教育プロジェクトの生徒たちへのインタビュー動画もご覧ください。

Volunteer Profile
Akiko
“日本語教育のプロジェクトはボリビア人だけでなくペルー出身の子もいて、日本や日本の文化、伝統、言葉に興味を持ち意欲的に学ぶ姿がとても印象的でした。そして自分も再び日本について知り、スペイン語についても勉強できたと思います。ボリビアの人たちの暮らしや文化を共に感じ過ごせたことがとてもよい経験でした。”

レッスン体系、その他ボリビアでできること

大学での日本語教育プロジェクトは多くの場合、レッスンはクラスルームで行いますが、生徒数によってはプロジェクトアブロードのオフィスで授業を行う場合もあります。語学は勉強の基本となるもの、また将来つく職業、特に国際的なキャリアを得るのに重要なものと認識されています。日本語のレベルは初心者から中級程度の日本語力を持つ者までさまざまですので教えたい好みのレベルを教えてください。また同様に、あなた自身が学校で学んできた特定科目を教えたい場合も教えることができます。会話するにも共通な課題を見つけやすく、彼らの語彙力をアップさせることにつながるのです!

また書くことにも興味があれば「コチャバナー」という英語雑誌で行うジャーナリズムに参加することも可能です。詳細についてはジャーナリズムプロジェクトをご覧ください。

日本語教育プロジェクトは、スペイン語を学びたい方にも最適なプログラムです。大学でボランティア活動しながら、スペイン語を話す訓練をし、現地の学生や教授と友達になり、家ではホストファミリーと話すことでスペイン語は確実に上達します。また、日本語教育活動と並行してスペイン語レッスンも受けられるスペイン語追加コースもあります。

(スタッフの一言) ボリビア人はシャイなので有名。こちらから積極的に何をすべきか聞くなど、率先して行動できる方が求められる。指示を待っているのではなく、「率先力」を持って行動できる人であることが参加条件。また英語が話せない子どもやスタッフがたくさんいるのでスペイン語が少し話せるとなおベターでしょう。必要ならボランティアと並行してスペイン語レッスンを毎日追加することも可能。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります(活動対象が大学生の場合は必要ありません)。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。また、ボリビアでは心理テストを受けることが義務付けられています。これらの書類はスペイン語での提出が義務付けられているため、書類のスペイン語への翻訳をご自身で行う場合を除き、別途翻訳代がかかります。心理テストは現地で受けられますが活動許可が下りるまで2~5日間要する場合があります。ご了承ください。

Volunteer Profile
Yuna
“今まで日本語を教えた経験がなかったので、その経験を得られたことが最も有意義だったと感じます。日本語を習得する意思の高い生徒たちに日本語を教えることは、非常にやりがいのある経験でした。”

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。