You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ボリビアでバレーボールを教えるスポーツコーチをしよう

概要
  • 活動場所: コチャバンバ
  • 役割: 子供たちにバレーボールを指導し、彼らのスキル向上に貢献すること
  • 対象年齢: 4~19歳
  • 生徒数: 10~20人
  • 条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

ボリビア、バレーボールを教えるプロジェクトアブロードボランティア

現在バレーボール選手の方、海外の子供たちに教えることに興味がある方、南米のボリビアでバレーボールを教える海外ボランティアに参加してみませんか?ボリビアでは、2004年に南米ナショナルチャンピオンシップの開催地となって以来、ボリビアのバレーボールは普及し続けました。Federacion Bolivana de Voleibolは、その他の南米バレーボール組織団体と同様に、ブラジルに独占されてきたスポーツを変えようとゆっくりと広がっていきました。バレーボールはボリビアで最も人気のあるスポーツではないかもしれませんが、確実に人気は上昇傾向にあります。これはその実用性に理由があります。このスポーツはどんなコートでもできるものです。土、砂、草、木およびコンクリートでも遊ぶことができるのです。ネットがなければ、ネットのあるべきところにロープを張るだけでも十分です。それ以外はボールさえあればプレーできるため、多くの人がプレーしやすいのです。子たちが全員がサッカーに興味があるわけではないのでその代用スポーツとしてバレーボールは非常に人気のあるものです。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南米ボリビアでバレーボールをコーチする国際ボランティア

プロジェクトアブロードは、若者にバレーボールをコーチするためクラブオリンピックで活動しています。ザ・クラブは40年前、ある友人グループが始めたものでコチャバンバの若者に対し、健康かつ健康的でいられるために若者のエネルギー発散のためにできたものでした。ザ・クラブは現地の学校に拠点を移したちょうど6年前に正式に始まりました。クラブが活動する土地は、30年間自治体によって学校に与えられた土地であり、現在はスポーツエリアへと発展しました。ここには6つのビーチバレーボールコート、6つのインドアコート、トレーニングエリアとトラック、ジムがあります。ザ・クラブではすべてが行われています:スポーツコーチおよびワークアウト、学生同士の試合、その他のスポーツスクールと行う試合、理論クラスとコミュニティサービスです。

ボリビアでバレーボールを教えるスポーツプロジェクト

クラブオリンピックでは、年中スポーツトレーニングやメンテナンス活動の分野で助けを必要としています。ボランティアのコーチは、学生間の間でスポーツを盛り上げ、セッションを企画し、運営することでボランティアすることができます。

スペイン語のレベルとバレーボールの知識により、あるコーチを支えている場合もありますし、通訳を通して一人でコーチできるかもしれません。ボランティアが一緒に活動するのは幼児から若者までとさまざまです。活動時間は月曜日から金曜日までの午後15:00~夜の19:00までで、5~16歳の間の子たちと教えることになります。週末にはボランティア自身も参加できるトーナメントや選手権、その他の活動があります。ボリビアのバレーボールのプロジェクトは現地の学校でも行うことがあります。その場合まずザ・クラブでトレーニングを受けてから午前中に現地の学校に行くことになります。

プロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期間参加した方がより有意義な経験や充実した時間を過ごせる傾向にありますので、念頭に入れておきましょう。

その日の天候やグラウンドのコンディション、雨季などを理由に、予定していた屋外での活動が行えない場合は、その他のさまざまなアクティビティに変更となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください

このプロジェクトは子供と関わる活動のため、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。また、ボリビアでは心理テストを受けることが義務付けられています。これらの書類はスペイン語での提出が義務付けられているため、書類のスペイン語への翻訳をご自身で行う場合を除き、別途翻訳代がかかります。心理テストは現地で受けられますが活動許可が下りるまで2~5日間要する場合があります。ご了承ください。

(スタッフの一言)

南米を選択される方は、ボリビアやペルーが多いです。南米で一番貧困だったり、行ったことのない国だったりするから?!またペルーは他の国に 比べ、プログラムがしっかりと構成されている点も評価できます。日本人にはこの2か国がお勧め活動国です。実際の活動内容や雰囲気は字面を読むだけでは分 からないものですので、ぜひ南米に詳しいスタッフに「実際の」現場の雰囲気を聞いてみましょう!またスペイン語が苦手な方にはスペイン語を特別料金でレッ スンしてくれる先生がいますので安心!

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。