You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ボリビアで海外医療インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: コチャバンバ
  • 役割: 現地の保健所や病院の様々な診療科を回りながらスタッフの補助をすること
  • 活動先: 保健所、田舎コミュニティへのアウトリーチ活動
  • 診療科: 小児科、婦人科、薬剤科
  • 条件: 18歳以上。日常会話レベル以上のスペイン語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間以上
  • 開始日: 随時

南米のボリビアで、国際的な医療インターンシップに参加してみませんか?ボリビアの医療&ヘルスケアプロジェクトのインターンは、コチャバンバの保健所または病院で活動します。設備が非常に基本的な施設であるこのこれらの病院では、比較的小さな救急医療やけがの治療、定期健診などが行われており、住民の支払い能力に関わらず全ての住民を受け入れています。それゆえ施設を管理し、病院スタッフや器具などを十分に取り揃える資金がありません。ここではインターンの存在が非常に重要で、あなたの活動によって多くの方を助けることができるのです。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ボリビアでの海外医療インターンとしての役割

南米ボリビアで海外医療インターンシップに参加中の医療インターン病院では、小児科、婦人科、薬科など様々な病棟で活動できます。ワクチンプログラムや歯科ヘルスキャンペーンなどクリニックが年中企画するコミュニティ活動にも加わることができます。プロジェクトアブロードでは、医療インターンのために定期的にワークショップを開催しています。ワークショップでは、ボリビアの医療システムの事情について学び、現地の人たちが抱える医療上の問題について知る機会もあります。インターンが現地のコミュニティを訪れ、ヘルス教育を幅広く行うこともあります。ヘルス教育やワークショップは資格のある看護師が監督し、責任者として開催します。

ボリビアでの滞在は現地の方のお宅でのホームステイです。ボリビアの文化や慣習にどっぷり浸かりながら滞在することができます。週末の自由時間などは他の国から参加しているボランティアと観光に出かける機会もあるでしょう。

ボリビアで海外医療インターンシップ インターンのための医療ワークショップ医療ヘルスケアインターンシップを行う予定のインターンは、18歳以上であり、中級以上のスペイン語が話せることが参加条件となります。語学が必要となるのは現地の医師や患者さんたちとコミュニケーションをする必要があるためです。スペイン語ができないインターンの場合、まずは語学コースを集中的に取得して頂くか、教育ケアなどのプロジェクトを行いつつ語学コースを取り、スペイン語会話力を上げてからの参加となります。ご了承ください。

すでに医師としての経験をお持ちで、プロの専門家としてのスキルを活かしたい方には、ボリビアのプロ・専門家ボランティアの活動もあります。

活動部署によっては、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。また、ボリビアでは心理テストを受けることが義務付けられています。これらの書類はスペイン語での提出が義務付けられているため、書類のスペイン語への翻訳をご自身で行う場合を除き、別途翻訳代がかかります。心理テストは現地で受けられますが活動許可が下りるまで2~5日間要する場合があります。ご了承ください。

(スタッフの一言)

南米を選択される方は、ボリビアやペルーが多いです。南米で一番貧困だったり、行ったことのない国だったりするから?!またペルーは他の国に 比べ、プログラムがしっかりと構成されている点も評価できます。日本人にはこの2か国がお勧め活動国です。実際の活動内容や雰囲気は字面を読むだけでは分 からないものですので、ぜひ南米に詳しいスタッフに「実際の」現場の雰囲気を聞いてみましょう!ま

このプロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらのマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Bolivia Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。